FINDERS

ハーフタイム中、我が子のために母乳を搾りに行った女性コーチに称賛の声。全米学生女子バスケの優勝決定戦で
  • GLOBAL
  • 2021.04.20
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

ハーフタイム中、我が子のために母乳を搾りに行った女性コーチに称賛の声。全米学生女子バスケの優勝決定戦で

文:岩見旦

NBAやWNBAにスーパースターを送り込んできたNCAA(全米大学体育協会)。

大学バスケットボールの全米王者を決めるこの大会で起きた出来事に、SNS上で称賛の声が寄せられている。

お母さんになって、コーチを辞める必要はありません

今月4日、NCAA女子バスケットボール選手権の優勝決定戦が行われた。その試合で、アリゾナ大学女子バスケットボールチーム「ワイルドキャッツ」のヘッドコーチのアディア・バーンズさん(44歳)はハーフタイムにロッカールームに戻り、後半少し遅れてコートに現れた。『People』によると、バーンズさんは、生後6カ月の娘カプリちゃんのために母乳を絞っていたのだという。

試合後、記者に囲まれたバーンズさんは「シーズンが始まってすぐに子どもが生まれたんです」「チームは私のために戦ってくれました。私は幸せ者です」と語った。

そして、「私には赤ちゃんがいて、授乳がほしいと泣き声が聞こえます。私は母親を代表して、コーチをエリートのレベルで行うことができます」と続けた。そして、「私は地元を背負っています。黒人女性を代表しています。これまでこの大会にこれまで来れませんでしたが、最高の舞台でたくさんの表現ができたと思います」と思いを吐露した。

バーンズさんは「私が元WNBA(全米女子プロバスケットボール)の選手であること、黒人女性であること。そして、母親であることはすべて名誉なことです」「母親になって、コーチを辞める必要はありません。サポートと地元があればいいのです」と語った。

次ページ:試合直前にベビーシッターがいなくなるトラブルも

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 大麻で町おこし?大麻博物館のとちぎ創生奮闘記
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • 幻想と創造の大国、アメリカ