FINDERS

オンライン英語コーチング「イングリード(ENGLEAD)」で本当に英語力が上がるのか、体を張って確かめたい!(後編)
  • BUSINESS
  • 2021.02.02
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

オンライン英語コーチング「イングリード(ENGLEAD)」で本当に英語力が上がるのか、体を張って確かめたい!(後編)

文:岩見旦

新型コロナウイルスの影響により、企業は海外出張や海外赴任を見送る状況が続いている。しかしオンライン会議が一般的になり、諸外国とのつながりは以前より“密”になっていると言えるだろう。グローバル化が急速に進むビジネスシーンにおいて、英語力は必須科目だ。そこでステイホーム期間を自己投資に捧げるべく、「イングリード」の門を叩いた。

イングリードは、昨年6月にスタートした英語コーチングサービスで、シンプルな料金体系のサブスクリプション方式を採用。オンラインに特化し、無駄を徹底的に排除して効率的に英語学習をすることが出来るとして注目を集めている。

果たして、受講期間6カ月でどれだけ英語力を伸ばせるのだろうか? 今回、取材を兼ねて挑戦させていただいた。

前編はこちら

6カ月間で、仕事の幅を広げる英語力を身につける

昨年6月中旬、待ちに待ったキックオフカウンセリングがスタート。場所はオンラインで、受講者はZoomで面談を行う。私のコーチはオーストラリア・シドニー在住の日英バイリンガルのLENAさん。中国の留学経験もあり、3カ国語を習得した語学のスペシャリストだ。このようにイングリードでは、受講者一人ひとりに目標達成に向けた徹底サポートを行う専属コーチが付く。

コーチのLENAさん

あらかじめ受けた「英語力解析テスト」によると、私の英語レベルを国際的な語学力基準「CEFR」に照らし合わせると、B2レベル(英検準1級程度)とかなりの高評価。ただし、リスニングに限ると、決して成績は芳しくなかった。

そこで、LENAさんから提示された目標は6カ月後にC1レベル(英検1級程度)になること。1日2.5~3時間学習するとこのレベルに達することができ、「仕事の幅も広がるし、海外で仕事を見つけることも可能」という。

イングリードは、英語力を伸ばす方程式を「学習方法(質)」×「学習時間(量)」×「モチベーション(姿勢)」と掲げる。これら3点を最大化させる秘伝の学習プログラムを詳らかにする。

次ページ:インプット学習とアウトプット学習の黄金率

1 2 3 4 5 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development