FINDERS

オンライン英語コーチング「イングリード(ENGLEAD)」で本当に英語力が上がるのか、体を張って確かめたい!(前編)
  • BUSINESS
  • 2020.08.03
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

オンライン英語コーチング「イングリード(ENGLEAD)」で本当に英語力が上がるのか、体を張って確かめたい!(前編)

文:岩見旦

ステイホーム期間を自己投資に

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令されて以降、私たちの生活様式は一変。人との接触を減らし、外出を極力避けるようになった。先の見えない状況に不安やストレスを感じている人も多いだろう。しかし、できるビジネスパーソンこそ、このステイホーム期間を自己投資に充て、自らの価値を高めるべき。特にグローバル化が進む日本において、英語力は必須科目と言えるだろう。

ということで、今年6月からサービスを開始した、英語コーチングサービス「イングリード」の門を叩いた。

近年さまざまな英語コーチングサービスが登場する中、最後発となるイングリードは、どのような戦略で英語学習業界に旋風を巻き起こそうとしているのか。代表の諸澤良幸氏にオーストラリア・シドニーのオフィスからオンラインで話を伺った。

インプット学習とアウトプット学習をかけ合わせた英語学習の最適解

―― 6月からイングリードがサービス開始しましたが、なぜ英語コーチングサービスに参入したのでしょうか?

諸澤:私どもは英語学習において「効率的な学習の質」「それに対する時間」「それを継続するモチベーション」の3つをすべて揃えることで、短期間で飛躍的に英語力を伸ばすことができると考えています。これを実践するには、英語コーチングサービスが、今の日本人に最適だと考え、イングリードを立ち上げました。

学校教育現場では英文和訳の練習を講義スタイルで行う授業が未だ主流で、「読む」に特化したインプット学習が行われています。しかし、この方法は日常英会話やビジネス英会話を習得することにおいて、非効率です。なぜなら英語は表音の語学だからです。音として聞いて学ぶべき英語を身につけるには、「聞く」インプット学習と「話す」アウトプット学習を組み合わせて進めることが必要です。

―― 具体的にどのようなコーチングサポートを受けられますか?

諸澤:日々のコーチングのサポートは、大きく3つのベクトルがあります。1つ目は、一人ひとりの英語力を解析した上で、目標に合わせた最適な学習プログラムをカスタマイズしていきます。最初に行うキックオフカウンセリングでは、コーチと学習スケジュールを作成し、効果的な学習方法を徹底的にコーチングします。

2つ目は、さまざまなアプリを使った日々の学習のサポートです。英語学習の進捗をチェックし、学習方法が間違えていないか、疑問点がないかをコーチと毎日LINEを通じてコミュニケーションを取ります。また学習管理アプリやオンラインカレンダーを使い、毎日何時にどんな学習を行うのかをコーチと共有し、学習へのモチベーションを保つ体制を整えます。

3つ目は週1回のオンラインカウンセリングです。コーチから学習に関するアドバイスや学習進捗へのフィードバックを行います。また小テストを実施し、英語達成度を確認します。そして、月1回のプログレステストとして「Versant」というスピーキングに特化した外部のテストを受けいただき、自らの成長を実感していただきます。

次ページ:サブスクリプション方式でゴールまでしっかりサポート

1 2 3 4 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development