FINDERS

新宿駅前を一変させた現代アートのビジョナリー 松山智一(現代アーティスト)【連載】テック×カルチャー 異能なる星々(15)
  • CULTURE
  • 2020.08.27
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

新宿駅前を一変させた現代アートのビジョナリー 松山智一(現代アーティスト)【連載】テック×カルチャー 異能なる星々(15)

(撮影:松島徹)

加速する技術革新を背景に、テクノロジー/カルチャー/ビジネスの垣根を越え、イノベーションへの道を模索する新時代の才能たち。これまでの常識を打ち破る一発逆転アイデアから、壮大なる社会変革の提言まで。彼らは何故リスクを冒してまで、前例のないゲームチェンジに挑むのか。進化の大爆発のごとく多様なビジョンを開花させ、時代の先端へと躍り出た“異能なる星々”にファインダーを定め、その息吹と人間像を伝える連載インタビュー。

1日平均の乗降者数 約353万人と、世界最大の乗降客数を誇る新宿駅(ギネスブック認定)。その駅前に2020年7月19日、目を見張るようなランドスケープが出現した。ニューヨーク在住の現代アーティスト、松山智一が手がけた「新宿東口駅前広場」。

広場全体がアート作品として成立する前代未聞のパブリックアート・プロジェクトは、いかにして実現したのか。激戦地ニューヨークにて独学でアート表現を始め、バンクシーらが名を連ねる壁画を任されるまでになった異才。建築や都市計画さえも包含し、社会を変えてゆくアートのビジョンが語られる。 

聞き手・文:深沢慶太

松山智一(まつやま・ともかず)

1976年、岐阜県高山市出身。上智大学経済学部を卒業後、2002年にニューヨークへ。プラット・インスティテュート在学中からアート活動を始め、ペインティングを中心に彫刻やインスタレーションも手がける。作品はLACMA(Los Angeles County Museum of Art)やMicrosoftコレクション、ドバイ首長国連邦の王室や銀行Bank of Sharjahのコレクションなどに収蔵。19年10月、ニューヨークを象徴する「バワリー・ミューラル」の壁画を手がけた。明治神宮で12月13日まで開催中の野外彫刻展「天空海闊」でも作品が展示中。
https://matzu.net/

前代未聞、新宿駅東口の広場全体がアーティストの作品に

(撮影:松島徹)

――このたびは、完成おめでとうございます。パブリックアートというと「駅前にモニュメントを立てた」という話が一般的ですが、広場そのものが作品というスケール感に驚かされました。

松山:はい。広場全体のコンセプトと全体監修、中央に立つ彫刻作品のすべてを含めて、ここへ至る道筋を作ってきました。いわば、プロセスも含めた全体が作品になっている。その点では、社会活動家としても知られたアーティストのヨーゼフ・ボイス(1921-86)が言う「社会彫刻」の概念にも通じるものがあるかもしれません。

まず、ここはアートを見る場所ではなく、人々が一休みしたり待ち合わせをしたりする公共スペースです。その機能に対して、アートという言語を最大限に活用したランドマークを作り出すことにより、場所の持つ意味が変わり、周辺の地価も上がる。日本ではアートは無駄な産物のように思われていますが、実はパブリックアートには経済効果やインフラ整備にも通じる力がある。そのビジョンを、具体的な形で示すことができたと思います。

新宿東口駅前広場の全景。

――新宿駅といえば、世界最大の乗降客数を持つ鉄道駅。その駅前広場全体をアーティストが手がけるのは前代未聞のことですが、どうやってその大役を勝ち取ったのでしょうか。

松山:ここはかつて、地下街の換気塔とガラスのピラミッドがあり、ロータリーの中州にあたる立地でした。それをJR東日本とルミネが美化整備するにあたり、アートを主役に文化を創出するという構想を打ち出したのです。自分は過去に展示を行ったご縁からご相談をいただいたのですが、この規模のプロジェクトにアーティストがアイデアレベルから参加できるということで、大変やりがいのあるお話だと感じましたね。広場全体の構想を提案し、打ち合わせを重ねていったのですが、ルミネの森本雄司社長にはニューヨークのスタジオにも来ていただき、その場で「もはや経済大国ではない日本が文化大国を目指す上で、行政ではなく、企業体こそがその役割を担うべきではないでしょうか」とプレゼンをしたところ、深く共感してくださいました。

新宿東口駅前広場。中央に巨大モニュメントが立ち、周囲にはスツールも設けられている。(撮影:松島徹)

ーーとはいえ、視覚的にも聴覚的にも極めてノイズの多い場所だけに、アートが置かれる環境としては非常に難易度が高いように思います。

松山:東京の喧噪の象徴ともいえる環境だけに、単に作品を置く場所として見ればそうかもしれません。でも海外からの目線で見れば、その“新宿らしさ”こそが東京のアイコンになり得るはず。そう考え、地域の方々には憩いのコミュニティスペースとして、国内外から新宿を訪れる方には文化を感じるランドマークとして、ローカルとグローバルの交流が起きる場所を目指していったのです。

次ページ:巨大モニュメントとカラフルなグラフィックが映し出すもの

1 2 3 4 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

    SERIES

    • FINDERS×CAMPFIRE
    • FINDERS RADIO|米田智彦がホストを務めるポッドキャスト番組
    • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
    • 幻想と創造の大国、アメリカ
    • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
    • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー