FINDERS

1年で1000人リストラ…情熱と大金渦巻くゲーム業界の「影」と向き合う
  • CULTURE
  • 2022.10.27
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

1年で1000人リストラ…情熱と大金渦巻くゲーム業界の「影」と向き合う

【連載】ゲームジャーナル・クロッシング(18)

エンタメ業界はいつの時代も若者の憧れだ。だが実際に働くとなると長時間労働をはじめ、非常にストレスフルな環境であることもよく知られている。もちろん、今もっとも盛り上がりを見せるゲーム業界とて例外ではない。

作家のJiniがさまざまな角度からゲーム業界を読み解く連載「ゲームジャーナルクロッシング」。今回はそんな業界の「光と影」に切り込んだ著作『リセットを押せ: ゲーム業界における破滅と再生の物語』(著:ジェイソン・シュライアー、訳:西野竜太郎)を紹介する。

「働くこと」「ものを作ること」の難しさ、そして楽しさはどこにあるのだろうか。

Jini

ゲームジャーナリスト

note「ゲームゼミ」を中心に、カルチャー視点からビデオゲームを読み解く批評を展開。TBSラジオ「アフター6ジャンクション」準レギュラー、2020年5月に著書『好きなものを「推す」だけ。』(KADOKAWA)を上梓。
ゲームゼミ
Twitter

「なぜ」「どのように」ゲーム業界にブラックな環境が生まれるかを明らかにする

『リセットを押せ:ゲーム業界における破滅と再生の物語』著:ジェイソン・シュライアー、訳:西野竜太郎(グローバリゼーションデザイン研究所)

今最も注目されるエンターテインメント産業といえば、ビデオゲームだろう。世界で30億人、つまり全人口の約半分がゲーマーという時代であり、市場規模は約22兆円にものぼる。

その上、MicrosoftによるActivision-Blizzardの686億ドルでの買収などテックジャイアントによる投資も続き、ゲーム市場は今後さらなる成長も期待されている。陳腐な言い回しとなるがゲームは“たかがゲーム”ではもはやない。世界経済を鑑みる上でも全く無視できない市場なのだ。

しかし、光が強く当たるところでは影もまた濃くなるもの。ここ数年で多くのゲーム企業における労働環境の問題が持ち上がった。2010年代後半からはUbisoft、Riot Gamesなど世界的なゲーム企業の社内でセクシャルハラスメントが横行していたことが明らかになり、Microsoftに買収されたActivision-Blizzardもカリフォルニア州の行政機関により訴訟を受けた。同社では他にも、パワハラや無給の長時間残業、予告なしの解雇(レイオフ)などゲーム業界に蔓延する問題が明るみに出ることとなった。

では、具体的にどうしてマネーがジャブジャブ流れ込むゲーム業界にこうした「影」が広がっているのか。どのようにセクハラや長時間労働など劣悪な労働環境が常態化し、それによって社員はどんな心理状態に置かれるのかまでは、ほとんど知られていない。

今回紹介する本『リセットを押せ: ゲーム業界における破滅と再生の物語』は、ただゲーム業界の労働環境が酷いという事実だけでなく、なぜそうなってしまったのかという過程や原因を、長年ゲーム業界を取材し、徹底して当事者の声を拾うことで明らかにするルポタージュだ。何億儲かった、何兆投資された、次はメタバースだXRだと、うずたかく積まれた札束の裏にある現実を、その業界を土台で支え続ける労働者の立場から明らかにする。

1年間で1000人がリストラされる衝撃的な業界の「常識」などを明かす

本書の著者、ジェイソン・シュライアーは35歳にして、業界内トップの知名度を誇るゲームジャーナリストだ。

2009年にニューヨーク大学を卒業すると、2011年にはゲームメディアのKotakuで勤務を始め、2013年には労働環境に注目した記事「From Dream To Disaster: The Story Of Aliens: Colonial Marines(夢から災厄へ:『Aliens: Colonial Marines』の物語)」を公開。2017年には初の著書となる『血と汗とピクセル:大ヒットゲーム開発者たちの激戦記』を発刊している。なお、こちらも『リセットを押せ』と同じく合同会社グローバリゼーションデザイン研究所から邦訳版が出版されている。

約10年もの間、シュライアーは極めて果敢なジャーナリズム活動により、多くのゲーム業界における「影」を明らかにした。『血と汗とピクセル』においては『アンチャーテッド4』『Destiny』『ウィッチャー3』など名だたる大作の開発現場にまで踏み込んでおり、事情を知らないゲーマーたちを驚かせた。

元々、ゲーム業界ではNDA(秘密保持契約)を結ぶ関係上、社員は簡単に内部事情を明らかにすることができない。同時に、ゲームメディアも企業が広告スポンサーになることから業界内部の問題に深く踏み込むことは構造的に困難であり、結果的にゲーム業界の問題は業界外に明らかになることは少なかった。

シュライアーはこうした因習が残るにもかかわらず、ゲーム企業に飛び込み、当事者に直接取材を重ねた。中には「出禁」にする企業もあったようだが、彼は徐々に業界内にも受け入れられ、現場のクリエイターのみならず、現場の指揮を取るカリスマディレクターにも直接取材する機会を得ている。

『リセットを押せ』はそんなシュライアーの2作目となる著書だ。非常に実直な構成になっており、イントロダクションではダラダラとした前提知識よりも早く、ゲーム業界の人間は5年間に平均2.2社勤めている(つまり5年で1回は離職を余儀なくされる)とか、1年間で1000人リストラされているといった衝撃的な業界の「常識」を明るみにし、すぐに第一章が始まる。

本書は全部で9章+エピローグという構成で、400ページを超えるかなりのボリュームだ。『血と汗とピクセル』と比べても各章のボリュームも大幅に増えており、より長く、深く取材したことがうかがえる。文体は当事者の声がそのまま口語体で反映され、翻訳も読みやすい。ただし、日本であまり知られないような北米のゲームタイトルが頻出するので、その都度、ウェブ検索などで調べることをおすすめしたい。

次ページ:誰もノーと言わない(言えない)あの企業

1 2 3 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 大麻で町おこし?大麻博物館のとちぎ創生奮闘記
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • JKA Social Action × FINDERS