FINDERS

「パクリ大国」と嘲笑してきた中国に完敗。「安い国」に転落したニッポンに未来はあるのか?【連載】中川淳一郎の令和ネット漂流記(25)
  • CULTURE
  • 2021.07.03
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

「パクリ大国」と嘲笑してきた中国に完敗。「安い国」に転落したニッポンに未来はあるのか?【連載】中川淳一郎の令和ネット漂流記(25)

Photo by Shutterstock

過去の連載はこちら

中川淳一郎

ウェブ編集者、PRプランナー

1997年に博報堂に入社し、CC局(コーポレートコミュニケーション局=現PR戦略局)に配属され企業のPR業務を担当。2001年に退社した後、無職、フリーライターや『TV Bros.』のフリー編集者、企業のPR業務下請け業などを経てウェブ編集者に。『NEWSポストセブン』などをはじめ、さまざまなネットニュースサイトの編集に携わる。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『ネットのバカ』(新潮新書)など。

「日本には四季があり、水道も安全」という自虐的揶揄

思えば時代はガラリと変わったものだ。2010年頃まで中国という存在はネットでは嘲笑の対象であることが多かった。テレビ番組が面白おかしく「パクリ遊園地」のかわいくないミッキーマウス風キャラを紹介するなど、基本的には「非常識」「遅れてる」「パクることしかできない」といったイメージだったのである。

2010年の上海万博のテーマソングは完全に岡本真夜の『そのままの君でいて』のメロディをパクったものだった。結局この歌は撤回されたが、この頃までのネットの論調は中国を見下していた。しかし最近、「上海で18歳以上のワクチン接種率が77.6%」という報道が出たら「効かないワクチンはただの塩水」や「でも中華製ワクチンなんでしょう?」といった書き込みはあるものの「もはや日本が中国に勝てる点が一つもない点」といった意見も随分と増えてきた。

そうなのである。今や世界の時価総額の高い企業は中国発が多い。宇宙開発も進んでいるし、電子マネーを含めたデジタル化も進展している。世界での存在感も含め、日本は中国に完敗だろう。もしも自衛隊が人民解放軍と戦争をしたら「勝てる」という論が2010年頃までは強かったが、今やそんな論を述べたら鼻で笑われてしまう。

ここしばらくの中国への「負けた……」意識の高まりは、来日中国人の「爆買い」等で経済力を日本人に見せつけられたことも影響しているだろう。海外旅行に行く財力があり、しかも次々と大量に商品を買っていく。

初期のこうした報道に対しては「品がない」といった感想がセットになっていたこともあり、銀座の街で排泄行為をする子どもの様子なども報じられた。民度の低い人々が小金を手に入れて舞い上がっている、やはり日本製品はすごいのである! こんな論調だった。

しかし、もはやコロナが始まった頃には、インバウンド需要における中国人という存在のありがたさについて言及する流れになっていた。当然5ちゃんねる等では従来型の中国への批判も出てきたが「もうオレらは勝てない」といった意識も強くなっていった。その象徴は「日本には四季があり、水道も安全」という言葉である。

もはやハイテクでも勝てず、経済もボロボロな少子高齢化国家の日本、もう四季と水道ぐらいしか誇るべきものがなくなった、という自虐的な揶揄である。

次ページ:中国で発生する謎の爆発「チャイナボカンシリーズ」

1 2 3 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー