FINDERS

前科8犯のトホホな銀行強盗、服役中に窓口での現金取扱いが終了したことを知らず押し入り【連載】阿曽山大噴火のクレイジー裁判傍聴(26)
  • CULTURE
  • 2021.06.19
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

前科8犯のトホホな銀行強盗、服役中に窓口での現金取扱いが終了したことを知らず押し入り【連載】阿曽山大噴火のクレイジー裁判傍聴(26)

生活保護より強盗が楽?長年の泥棒で歪んだ価値観

Photo by Shutterstock

最後は裁判官からの質問。

裁判官「さっき土地勘って言ってましたけど、刑務所出てはすぐ捕まって再び刑務所に入るの繰り返しですよね、犯歴見ると」

V被告人「そうですね」

前科8犯が何歳の時から続いているのか、刑務所と刑務所の間がどれくらいあるのかはわからないけど、東京にいた時間はそんなに長くないようです。

裁判官「今回の弁護士さんはいろいろとね、生活保護の申請とかでアドバイスしてくれたようですけど、今までの裁判で弁護人からは何も手助けはなかったんですか?」

V被告人「あったんですけど、自分が弱かったと思います」

裁判官「弱い?」

V被告人「楽な方、楽な方に行っちゃうんですよ。だから盗みやるって決めたら、生活保護とかどうでもよくなっちゃうんです」

裁判官「ん~? ちょっと待ってよ。楽っていう意味なら、空き巣に入ったり、銀行強盗し入るより、生活保護を貰う方が楽じゃないの?」

V被告人「あ~…、そう言われるとそうですね」

と長年盗みをやりすぎて、価値観がどうかしちゃってるようです。

この後、検察官の求刑は懲役6年。未遂とはいえ、前科も多いから結構重めですね。出所するころには60代半ば。福祉の世話になるのは必須と思うけど、本人が拒んでいる印象もあるんですよねぇ。そもそも盗みをやる方がラクって認識だし、今回怪我人がいないのが幸いだけど、次出所したときが心配だ。


< 1 2 3
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞