FINDERS

日常使いにはハイコスパなタブレット「HUAWEI MatePad T 10s」。だけど見過ごせない問題点もあり!?
  • ITEM
  • 2021.06.01
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

日常使いにはハイコスパなタブレット「HUAWEI MatePad T 10s」。だけど見過ごせない問題点もあり!?

使用できるアプリには要注意

だからといって、「万人向けの扱いやすいハイコスパタブレットですよ!」と言い切れないのがアプリの問題です。先程も記しましたが、「HUAWEI MatePad T 10s」はGoogleモバイルサービス(GMS)に対応していません。Googleが提供しているアプリ・サービスが使えません。

すなわち、Google PlayというAndroidのアプリストアが利用できないんです。

代わりにファーウェイは、HUAWEI AppGalleryというアプリストアを用意しています。検索すると数多くのアプリが表示されますが、インストールできるアプリは限られます。世界的にユーザーの多いアプリの一部は「利用不可」と表示され、または野良アプリ配布元となるAPK PureなどからAPK(Android Application Package)ファイルをダウンロードするようにと案内されます。

問題はこのAPK Pureなどの存在です。セキュリティホールが開きっぱなしの旧バージョンしか登録されていなかったり、無事インストールできてもGMSを使った課金システムを採用しているアプリは動かない。コードが改ざんされた危険なアプリが「HUAWEI MatePad T 10s」に入り込んでしまう可能性も否めません。

個人的には、米中貿易摩擦が生んだファーウェイとGoogleの決別は残念だと感じています。アメリカから国家安全保障を脅かす存在とされてしまい、Googleとの取引が禁じられてしまったファーウェイ、可愛そうだなとも思いました。しかしGoogle Playが使えないからといって、外部の野良アプリサイトに誘導する設計とするのはいかがなものでしょうか。

最初からインストールされているアプリを使う分には、いい端末です「HUAWEI MatePad T 10s」って。しかしいろいろなアプリをインストールしてカスタマイズしていくのであれば、MS-DOSや、Windowsの初期の頃からパソコンなどのデバイスを使い続け、数多のフリーウェアを体験して万が一の時の対策経験を持つ歴戦の勇者以外にはおすすめしにくいんですよね。


< 1 2
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー