FINDERS

N高から「5年後には世界へ」。尋常性白斑の現役高校生がファッションブランドを立ち上げた理由【連載】Z世代の挑戦者たち(1)
  • BUSINESS
  • 2021.04.07
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

N高から「5年後には世界へ」。尋常性白斑の現役高校生がファッションブランドを立ち上げた理由【連載】Z世代の挑戦者たち(1)

落合陽一さんに言われたことと世界への挑戦

――ところで倉田さんが好きなブランドは何ですか?

倉田:『NOISEMAKER』というブランドがありまして、それが凄く大好きです。所有はしていないですけど、『マルジェラ』は欲しいなとは思ったりします。買えないですけど。

――それから、倉田さんは現時点で、経営とデザインとどちらがやりたいんですか? 学んでいくうちに変わっていくかもしれませんが。

倉田:「あなた、何になりたいの?」って落合さんにも言われたんですよ。デザイナーになりたいのか? 経営者になりたいのか?って。凄く焦ってしまったんです。そういう質問をされたことがなくて、結局、僕はデザイナーにもなりたいし、経営者にもなりたいとその時は言って、それはそれで間違いではなかったと自分自身思います。

今シーズン(2021年春夏)の商品写真

――それこそ落合さんだって自分でプログラム組んで、会社経営もやってという人ですもんね。

倉田:両方の知識があったらブランドとして良くなるから、SFCではブランドの経営を学び、大学を卒業した後に世界のものづくり、例えばセントラル・セント・マーチンズやアントワープ王立芸術アカデミーなどの方に行けたらもっと自分がイメージしているものをちゃんとものに落とし込めることも出来るだろうし、学びが深くなるんじゃないかなと思っています。

――今後の人生計画はどんな感じですか?

倉田:SFCを卒業して世界の服飾を学び、ブランドとしては世界中の紫外線に困っている人たち、年齢も幅広く子供からいるし、色んなアパレルラインを立ち上げて最終的には紫外線に特化した大きな会社に出来たら理想のゴールラインで。5年ぐらいで世界に挑戦出来たら良いかなと思っています。

――がんばってください!ありがとうございました。


< 1 2 3 4
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • テレビの窓から
  • Z世代の挑戦者たち
  • マッキャンミレニアルズ松坂俊のヘンなアジア図鑑|松坂俊|トイエイト 創業者/CCO マッキャンマレーシア、デジタル クリエイティブ ディレクター
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • FIND YOUR FASHION
  • JKA Social Action × FINDERS