FINDERS

耳が不自由な配達員に感謝を伝えるため、8歳少女が手話で「良い一日を」。心温まるサプライズに思わずほっこり
  • GLOBAL
  • 2020.07.21
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

耳が不自由な配達員に感謝を伝えるため、8歳少女が手話で「良い一日を」。心温まるサプライズに思わずほっこり

文:滝水瞳

新型コロナウイルスの感染拡大抑止のため外出自粛が行われ、人と人とのつながりが希薄になりつつある。

そんな中、ロックダウン(都市封鎖)の続くイギリスで、ある少女と配達員のふれあいを映した一コマが話題となり、驚異的な再生回数を記録している。

約2300万再生の反響

英北西部グレーターマンチェスター・アシュトンアンダーラインに住むタルーラちゃん(8歳)は週1、2回のペースで自宅に荷物を届ける配達員ティム・ジョセフさんの訪問をいつも楽しみにしていた。

ある日、ジョセフさんは耳に障害があると気付いたタルーラちゃんは、ジョセフさんに感謝の気持ちを伝えようと「良い一日を」という手話を学んだ。

そして明くる日、庭先の門の前に立ったタルーラちゃんは、配達に来たジョセフさんにその手話をサプライズで披露した。驚きと感動に満ち溢れたジョセフさんは、タルーラちゃんに「おはようございます。良い一日をお過ごしください」という手話を熱心に繰り返して見せた。タルーラちゃんはそれを真似て返答し、ジョセフさんは満面の笑みで応えている。

この様子を撮影した動画をタルーラちゃんの母親エイミー・ロバーツさんは6月19日、自身のTwitterに投稿したところ、約6万件の「いいね」が寄せられ、再生回数は2300万回近くに上っている。

この投稿にはさまざまなコメントが寄せられ、「タルーラちゃん、君はなんて素晴らしい人間だ。君みたいな人がこの世界にはもっと必要だ」「優しさや親しみやすさを持って接することは大変ではないけれど、それが難しい人もいるよね」とタルーラちゃんの行動を称賛する人や「ジョセフさんは素敵な人ですね!このコロナ禍で間違いなく多忙を極めていることでしょう」などジョセフさんを気遣う人もいた。

『BBC』のインタビューで「SNSの反響の大きさに衝撃を受けた」と答えたジョセフさんは、タルーラちゃんのサプライズのおかげで「素晴らしい一日になった」と伝えた。手話について「今後より多くの人が学んで、みんながつながれたら」とも語っている。

次ページ:さらなる思いを絵に託してプレゼント

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • ブックレビュー
  • 令和時代のオープンイノベーション概論|角勝|株式会社フィラメント代表取締役CEO
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー