FINDERS

前を向いて「元の生活やビジネス」には戻さない。Withコロナのヨーロッパで今話されていること【連載】オランダ発スロージャーナリズム(24)
  • GLOBAL
  • 2020.05.21
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

前を向いて「元の生活やビジネス」には戻さない。Withコロナのヨーロッパで今話されていること【連載】オランダ発スロージャーナリズム(24)

国ではなく自治体がリーダーシップを発揮する世界

このコロナ禍を通して、残念ながら「今の世界には完全にリーダーが不在だ」ということが明らかになりました。米国は、すでに以前からの「アメリカ・ファースト」や、自国優先の保護貿易を推し進め、また今回のパンデミックの最中には、WHOヘの資金拠出を停止しています。

一方、中国がその座を狙っているようにも見えますが、ヨーロッパ各国に届いた支援物資(マスクや人工呼吸器)は、かなりの高確率で不具合がみつかり、実質使い物にならず、返送するための代金を誰が持つのか?といったことで混乱が起こったりしています。つまり、現状のところ、米国に変わるリーダーは現れていないように思えます。

グローバルではリーダー不在の国家間の混沌としたやりとりがなされていますが、C40の例のように世界の大都市が主導して、コロナ後のグランドビジョンをつくっているところに、今までと違う特徴があるように思います。そういえば、残念ながらこの提言には参加していませんが、日本でも今回は自治体の首長のリーダーシップが目立っていますね。

グランドビジョンの欠如と、硬直したシステム、そして当事者たちの圧倒的な能力不足。この3つが重なって、今回は世界に稀に見る迷走っぷりで、国が有効な対策をまったく立てることができなかった日本。

ポストコロナにおいては、こうした社会システム、そのものも変革していかなくてはならないかもしれません。

次ページ:レジリエンスをいかに作っていけるか?

< 1 2 3 4 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー