FINDERS

人気E-バイクVanMoofの新モデルは軽自動車並みの積載量を実現!?「VanMoof S5&A5」
  • ITEM
  • 2022.07.30
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

人気E-バイクVanMoofの新モデルは軽自動車並みの積載量を実現!?「VanMoof S5&A5」

文:FINDERS編集部

全てが再設計されたVanMoofの最新モデル

ソリッドなデザインのE−バイクとして人気を博す「VanMoof」が、“都市型モビリティの新たなデフォルト”となる最新モデル「VanMoof S5 & A5」の2種を今年4月にリリースした。

「S5」はこれまでのモデルを踏襲したようなストレートのフレームが特徴的。ホイールは従来モデルより小さく、小回りがきく。

A5は、新たにフレームの角度を変更した「ステップスルーフレーム」によって、乗り降りの際に、脚を大きくあげて跨ぐ必要がなくなった。さらに重心を低く設定し安定性と快適性も向上したことで、安全性にも優れている。

また専用のカゴや荷台をつけることで、「軽自動車に匹敵するほどの積載量も実現」とのこと。具体的な最大積載量についての記載は見つからなかったが、軽自動車といえどそれなりの物量はつめるので、さすがに言い過ぎではないかとちょっと心配。

ハンドルには「LEDリングインターフェース」が搭載されており、点灯パターンによってバッテリーの残量や現在のアシストレベルを直感的に確認することができる。

スマホアプリを連携することで走行速度、時間、距離などのすべてを記録。専用のマウントを使用することで、ハンドルの中央にスマホをセットし、充電しながらナビを見ることもできてしまう。

パワーシステムもアップグレードされ、より静音性を向上。トルクセンサーも刷新し、ライダーの走行ペースや動きに対して高いレスポンス性能を実現するんだとか。

自転車のロックは本体を軽くキックするだけで可能。さらに所有者が自転車のそばに戻ってくるだけで自動でアンロックされるという。

カラーリングもシンプルながら個性があり、マットな質感が高級な印象を与える。

高機能かつデザインに優れたE−バイクをお探しであればぜひチェックを。


VanMoof

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 大麻で町おこし?大麻博物館のとちぎ創生奮闘記
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • 幻想と創造の大国、アメリカ