FINDERS

きっかけは金欠の女性社員。従業員の最低年収を770万円に上げ、会社の収益を3倍にしたCEOの決断
  • GLOBAL
  • 2021.08.12
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

きっかけは金欠の女性社員。従業員の最低年収を770万円に上げ、会社の収益を3倍にしたCEOの決断

文:岩見旦

2015年、米国シアトルで決済代行会社Gravity Paymentsを経営するダン・プライス氏は、従業員の最低年収を7万ドル(約770万円)にし、自身の110万ドル(約1億2000万円)の年収を90%カットすると発表し、大きな話題を集めた。それから6年後、会社は収益が3倍増加し、従業員数は70%アップ。顧客の数は2倍にアップするなど、急成長を遂げた。

ダン氏は一体なぜ、このような驚くべき施策を実行したのだろうか。先月30日、ダン氏は自身のTwitterにこの大胆な決断を下した経緯を綴った。

女性社員のデスクの上にマクドナルドのスタッフマニュアル

ダン氏は「私は酷いCEOでした」と当時を振り返る。7年前、ダン氏は女性社員のロジータさんのデスクの上に、マクドナルドのスタッフマニュアルが置いてあるのを目にした。ロジータさんは大卒だが、年収は3万ドル(約330万円)。この会社の給料だけでは生活できず、17時に仕事を切り上げた後、17時半から23時までマクドナルドで働く生活を1年半送っていたのだ。

副業がバレて、解雇されると思ったロジータさん。ダン氏は「私は何という社風を作ってしまったのだ。恐ろしいことです」と悔いたという。

ロジータさんはダン氏に、副業を辞めるためには1万ドル(約110万円)の昇給が必要だと伝えた。ダン氏はロジータさんに追加の業務を引き受けるならばと、その昇給を承諾。すると、ロジータさんは粗末なアパートから引っ越し、空いた時間で友人と会うようになった。さらに精神的な健康状態は改善され、仕事のパフォーマンスも向上。その後まもなく、ロジータさんは昇進を果たしたのだ。

このことがきっかけとなり、ダン氏は会社の全体像を考えるように。そして従業員の最低年収を約770万円にアップさせる決断へとつながったのだという。

次ページ:大企業のCEOの給与は従業員平均の271倍

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞