FINDERS

大学を中退しアスキーに入社。そして、やってきた日本のインターネットの夜明け【連載】インターネットの歴史教科書(2)
  • CULTURE
  • 2021.06.07
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

大学を中退しアスキーに入社。そして、やってきた日本のインターネットの夜明け【連載】インターネットの歴史教科書(2)

やってきた日本のインターネットの夜明け

当時のアスキーには、後にIIJ4Uを立ち上げることになる深瀬弘恭さんがいた。その深瀬さんの開発部隊がUNIXの日本語化を手掛けた際、松下電器(当時)、東大、慶大、東工大らと一緒に、アメリカのインターネットを日本に持ち込もうと動き始めた。

では、どうやって回線をつなげるかというと、まだ海底ケーブルも光ケーブルも敷かれていないこの時代、日米間をつなぐことができる唯一の手段は、電話線を用いる9600bpsのモデムのみ。今なら3000円ほどではるかに高速なモデムが手に入るが、この頃はモデム1台あたり80万円もする高級品(リカール・バデック社)だった。これを3台並べてアメリカと回線をつなぎ、アスキーをハブにする形で東工大やKDDIなどと接続した。

アスキーに籍を置いていたおかげで、こうした場面に立ち会えた意義は大きい。これから日本でも、インターネットが未曾有の変革を起こすであろうことが、僕にはリアルに感じられた。

これと時を同じくして、僕は取締役に昇格。そして、アスキーが設立したアスキーマイクロソフト株式会社に出向することが決まった。与えられたミッションは、マイクロソフトが開発したMS-DOSを日本で売ることだ。

それというのも、IPプロトコルのスタックがこの当時は別売りで、ネットスケープなどのブラウザは無料で配布されていても、そのままではインターネットにつなぐことができない状態だったからである。インターネットを使うにはMS-DOSと8万円ほどするI P

プロトコル・スタック・モジュール(商品名:カメレオン等)が必要で、なんとも原始的な仕組みではあったが、これが日本のインターネットの紛れもないスタート地点だった。

しかし、僕は早い時期から「TCP/IPのプロトコル・スタックを、OSに標準で入れるべきだ」と主張していた。どのブラウザを使うかという選択肢はユーザー側が持っていてもいいが、少なくともIPにつなげる機能はOS自体が持っていなければ始まらないと考えていたからだ。

実際、マイクロソフトが立ち上げたプロバイダ・MSNにしても、なぜかTCP/IPではなくX.25という別のプロトコルで始めてしまったがゆえに、結果的には大きな遠回りを余儀なくされている。

次ページ:やってきた日本のインターネットの夜明け

< 1 2 3 4 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー