FINDERS

薄毛男性は新型コロナの重症化リスクが2倍に!? 米国の研究チームの調査で明らかに
  • GLOBAL
  • 2021.05.14
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

薄毛男性は新型コロナの重症化リスクが2倍に!? 米国の研究チームの調査で明らかに

文:山田山太

東京五輪まで70日と迫る中、止まらない新型コロナウイルスの感染拡大。これまで世界中の科学者がさまざまなデータを駆使し、ことの解決にあたってきた。

中でも注目を集めていたのが男女差だ。日本だけでなく世界的に見て、男性の方が女性より重症化率が高いという報告が挙がっていた。ただ原因がはっきりとせず、多くの科学者たちを悩ませてきた。しかし、ここに来て、米国の研究チームがその謎を解き明かしたようだ。

男性ホルモンの「アンドロゲン」が影響

男性型脱毛症の発症は、アンドロゲンという男性ホルモンが大きく影響を与えているとされる。このアンドロゲンが、毛乳頭細胞にあるアンドロゲン受容遺伝子と結合することで、男性型脱毛症は引き起こされるのだ。

『The Sun』によると、米国の研究チームはCAGリピート数を調べることで、アンドロゲンによる男性型脱毛症の発症傾向を測定した。

コロナで入院した男性65人を調べたところ、CAGリピート数が高かった人は平均47日間入院し、70.6%がICUに入った。一方、CAGリピート数が低かった人は平均25日間の入院で、45.2%しかICUに入らなかったという。

研究の主任著者である、アプライドバイオロジー社チーフメディカルオフィサーのアンディ・ゴーレン博士は、CAGリピート数はICUに入るリスクのある男性を判別できると述べた。そして、アンドロゲン受容体遺伝子が活性しやすいほど、新型コロナウイルスの重症リスクが高くなることが分かったとのこと。

これは、アンドロゲンが新型コロナウイルスを攻撃する作用があるためで、これにより男性が女性に比べ、コロナの重症化リスクが高いことも説明できるだろう。

次ページ:コロナ入院男性の79%が男性型脱毛症

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 超副業論!
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • Z世代の挑戦者たち
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • スタートアップ&ベンチャー 異能なる星々