FINDERS

「死ぬまでここにいたい」元ホームレスの男性、3Dプリンターで作られた家に住む最初の人になる
  • SUSTAINABLE
  • 2021.04.14
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

「死ぬまでここにいたい」元ホームレスの男性、3Dプリンターで作られた家に住む最初の人になる

文:佐藤敦子

米国テキサス州オースティンに作られた、ユニークな家が注目を集めている。

ここに暮らす元ホームレスの男性が「死ぬまでここにいたい」と漏らしたその家は、果たしてどんな家なのだろうか。

家賃はたった300ドル

ティム・シアさん(70歳)はかつて薬物中毒に苦しみ、長い間ホームレスで車中暮らしをしていた。ティムさんは、「以前のライフスタイルでは、私は完全に自分の殻に閉じこもっていました。不安でしたし、いつも身をひそめて孤立していました。人と触れ合いたいなんて全く思っていませんでした」と『New York Post』の取材に語っている。

ところが、ティムさんの人生は、ホームレス用住宅コミュニティ「Community First! Village」に来て大きく変わった。このコミュニティでは51エーカーの敷地に500軒の家が立ち並んでおり、ティムさんは3Dプリンターで作られた家に暮らし始めた。「昔とは真逆の生活です。今は、いろんな人たちとさまざまな活動をしていますよ」とティムさん。

ティムさんの家の広さは400平方フィート。ベッドルーム1室、バスルーム1室、フルキッチン、リビングルーム、夕日を一望できる大きなポーチがついている。関節炎を患っており最終的には車椅子になるかもしれないため、間仕切りのないタイプの間取りを選択したそうだ。

家賃はたったの300ドルで、さらにコミュニティ内の仕事で収入を得ることも可能だ。ティムさんはアメリカで初めて3Dプリンターで作られた家に住んだ人になった。

このコミュニティは、「Mobile Loaves&Fishes」というプロジェクト名で、オースティンの路上で20年間ボランティア活動をしてきた不動産開発者のアラン・グラハムさんによって、2015年に作られた。グラハムさんは単にホームレスに住居を与えるだけでなく、真の意味でのコミュニティにしたいと考えているという。

次ページ:48時間以内に建設可能

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞