FINDERS

オンライン英語コーチング「イングリード(ENGLEAD)」で本当に英語力が上がるのか、体を張って確かめたい!(後編)
  • BUSINESS
  • 2021.02.02
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

オンライン英語コーチング「イングリード(ENGLEAD)」で本当に英語力が上がるのか、体を張って確かめたい!(後編)

テレワーク中こそ必須な学習時間捻出術

英語学習において、最も大きな悩みの種は、学習時間の捻出だろう。その点もイングリードではしっかり指南してもらえる。キックオフカウンセリングでは、1日のスケジューの内、いつ何の学習をどれくらい進めるのか、すべて予定を決める。

私の場合は、朝の学習で英語脳への切り替えを促進するため「スピーキング」を1時間。そして、昼休憩中に“ながら学習”に長けた「単語」を30分。そして夜に「リスニング」を1時間と「文法」を30分に割り当てた。予定等はオンラインカレンダーでコーチと共有。後々実感するのだが、現在私はテレワークのため、仕事とプライベートの線引きが曖昧になりがち。そんな中、あらかじめスケジュールを決めてもらったことで、学習がスムーズにこなせるようになった。

コーチからLINEで送られてくる学習スケジュール

そして、毎週のウィークリーカウンセリングの後、次の週の学習予定をまとめたExcelをコーチからLINEで送ってもらえる。まさに手とり足とりの指導だ。日々の学習の進捗具合は学習管理アプリを通じて、日々の予定はオンラインカレンダーを通じて報告する。この“指示”と“報告”のサイクルを回すことで、いい意味で英語学習に自分を追い込む環境が作ることが出来た。

次ページ:初めてのオンライン英会話レッスンで大事故

< 1 2 3 4 5 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 幻想と創造の大国、アメリカ
  • ブックレビュー
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞