FINDERS

脊椎筋萎縮症の男性と健常者の女性が結婚!愛に限界がないことを証明した2人に世界が注目
  • GLOBAL
  • 2020.11.05
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

脊椎筋萎縮症の男性と健常者の女性が結婚!愛に限界がないことを証明した2人に世界が注目

文:汐里

【PR】極寒環境でも耐えられる発熱ダウン、マイナス22℃の冷凍倉庫で着たら「あったか~い」天国だった件

電動車イスの男性との恋愛

アメリカ・ミネソタ州に住む作家のシェーン・バーコーさん(27歳)は、生まれつき脊椎筋萎縮症(SMA)と呼ばれる時間とともに筋肉が衰える病気を患っている。シェーンさんは、2歳の頃から電動車イスを使用していて、現在はほとんど四肢を動かすことができない。

そんなシェーンさんには、交際を始めて4年以上になるパートナー、ハンナ・アイルワードさん(24歳)がいる。出会いは、シェーンさんの人生を題材にしたドキュメンタリー映像を見たハンナさんが、シェーンさんに連絡をしたことがきっかけだ。シェーンさんの人柄とユーモアセンスに惹かれたハンナさんはすぐに恋に落ちたという。

電話やメッセージで連絡を取り合うようになり、意気投合した2人は間もなくカップルになった。その後、2年間にも及ぶ遠距離恋愛を経て、シェーンさんは当時住んでいたペンシルベニアから、ハンナさんが暮らすミネソタに引っ越し一緒に暮らし始めた。

YouTubeの登録者数は74万人!時には誹謗中傷も

同棲を始めた2人はYouTubeチャンネル『Squirmy and Grubs』を開設。障害者と健常者カップルの日常を投稿している。登録者数は74万人以上を集める人気を誇っている。

多くのファンが応援してくれる一方で、時には、ハンナさんのことを狂っていると批判したり、2人の関係が偽物だと指摘したりする心無いコメントが寄せられるという。

しかし、ハンナさんは「時間はかかったけど、そんな人たちを完全に見捨てることができるようになった」と自身のInstagramで明かす。むしろ、誹謗中傷は活動の糧になっているようで、「我々は、障害者が価値のあるパートナーであることを、できるだけ多くの人に知ってもらいたいという希望を持って、コンテンツを作り、共有し続けています。このようなコメントは我々の活動を後押ししてくれるだけ!我々のコンテンツが、ポジティブな形で届いたすべての人々に感謝しています」と綴った。

次ページ:「本当に幸せです」オンラインで行われた結婚式

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家