FINDERS

スマホなど3大モバイル機器の市場シェアをグラフにしたら、あの国が世界を手中に収めようとしていることが明らかに
  • BUSINESS
  • 2020.10.28
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

スマホなど3大モバイル機器の市場シェアをグラフにしたら、あの国が世界を手中に収めようとしていることが明らかに

文:山田山太

我々の生活に欠かせないスマートフォンなどのモバイル機器は、その登場以降、凄まじいスピードで多くの人々の手に渡っていった。

そんな圧倒的な成長を見せているモバイル機器市場を席巻しているのはどんな企業だろうか?『VISUAL CAPITALIST』が各モバイル機器における企業の市場シェアを表したグラフを作成した。

スマートフォン:ファーウェイとサムスンが同率1位

今や使っていない人を見つける方が難しいスマートフォン。2025年までには、なんと世界人口の70%にあたる58億人が使用するようになると言われている。まず中国のファーウェイと韓国のサムスンが、ともに20%ものシェアを占め同率1位。3位は日本でも高い人気を誇る米国・アップル。自国でのシェアは46%を占めているが、世界のシェアは14%。価格の高さがネックになっているようだ。その後に続く4位シャオミ、5位オッポ、6位ヴィヴォはすべて中国企業。上記した中だけでも50%近いシェアを中国企業が独占している。

ワイヤレスイヤホン:1位も勢い落とすアップル

ワイヤレスイヤホンはここ数年で最も普及したモバイル機器と言えるかもしれない。2019年のこの分野の市場価値は25億ドルと評価されていたが、2020年から2027年の間に、20.3%もの増加があると見られている。1位のアップルは、35%ものシェアを占めており、完全ワイヤレスイヤホン「Air Pods」シリーズで人気を集めた。一見その地位を確立したと見えるが、実はアップルは2019年時点ではシェアの50%以上を獲得していた。しかし香港のサウンド・イノベーション社のブランド「Lypertek Tevi」を筆頭に、より安価かつ同等の機能を持った製品が現れており、少しずつシェアを落としている。2位はシャオミ10%、3位はサムスンが8%だ。

スマートウォッチ:アップル1位、パンデミックで健康管理意識向上

スマートウォッチは、2020年上半期には、前年比20%増の成長が見られた。背景としては、新型コロナウイルスによるパンデミックによって人々の健康管理意識が上昇したことが考えられている。ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンと同様こちらもアップルが1位に。今年9月に新モデルが発売された「Apple Watch」によって、30%のシェアを占めている。続いて、2位はファーウェイ14%、3位はサムスンとアイム―が共に7%と続いている。

次ページ:スマホ向けOSとアプリケーションプロセッサーのシェア


1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • テレビの窓から
  • Z世代の挑戦者たち
  • マッキャンミレニアルズ松坂俊のヘンなアジア図鑑|松坂俊|トイエイト 創業者/CCO マッキャンマレーシア、デジタル クリエイティブ ディレクター
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • FIND YOUR FASHION
  • JKA Social Action × FINDERS