FINDERS

結婚を控えた兄が、ダウン症の弟に感動サプライズ!土の中から出てきた手紙に、結婚式の重要な役割の依頼が
  • GLOBAL
  • 2020.09.02
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

結婚を控えた兄が、ダウン症の弟に感動サプライズ!土の中から出てきた手紙に、結婚式の重要な役割の依頼が

文:KNYS

欧米の結婚式では、新郎に付き添ったり世話をしたりする人を「アッシャー」と言い、その中でも結婚指輪交換のサポートなど、特に大切な役割を担う人は「ベストマン」と呼ばれる。新郎との信頼関係が最も深い人が選ばれるのが一般的だ。

今、ある新郎が2年下のダウン症の弟にベストマンを依頼する動画が、SNS上で話題になっている。

ダウン症の弟にベストマンを依頼する兄

来年7月に結婚を控えたウィル・クラウセンさん(24歳)にはダウン症の弟、ヘンリーさん(22歳)がいる。ウィルさんは自分の結婚式でベストマンを依頼できるのは、弟であるヘンリーさんを置いて他にはいないと考えていた。

ウィルさんは「ヘンリーはとても優しい心を持っていて、誰のことも悪く言ったことがありません。僕にとって、ヘンリーが僕の結婚式のベストマンになるのは当然のことでした」と『In The Know』の取材に語る。

そしてウィルさんはヘンリーさんに自らの思いを伝え、ベストマンになることを依頼するために、あるサプライズを仕掛けた。

土の中から見つかった瓶に書かれたメッセージ

ある日、ヘンリーさんが庭で金属探知機を使っていると、土の中の瓶が反応した。実はこの瓶、ウィルさんがあらかじめ埋めていたものだ。この瓶の中には、1枚の手紙が入っていた。

「ヘンリー、君は僕にとって最高の兄弟であり最高の友人だ。だから僕の結婚式のベストマンになってくれないか?」

メッセージを読んですぐに理解し「はい」と答えたヘンリーさんは、ウィルさんの胸の中に飛び込み、結婚を祝福した。

次ページ:再生数10万回以上!SNSで大反響

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • Z世代の挑戦者たち
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ブックレビュー
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development