FINDERS

ゲームに誘われたピザの配達員、高額チップのサプライズに思わず号泣!エッセンシャルワーカーに感謝を
  • GLOBAL
  • 2020.08.05
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

ゲームに誘われたピザの配達員、高額チップのサプライズに思わず号泣!エッセンシャルワーカーに感謝を

文:山田山太

医療従事者やスーパーマーケットの店員など、存在しなくては社会が成り立たなくなってしまう仕事に就く「エッセンシャルワーカー」。その多くは、新型コロナウイルスの感染リスクに晒されながら働いている。

そんな中、エッセンシャルワーカーであるピザの配達員に感謝の意を示そうと行われた、あるサプライズが話題を呼んでいる。

コップの中から100ドル札

ドミノ・ピザで働くボブさんは、その道11年になるベテラン。ある日ボブさんはピザの配達に向かうと、その家の若者たちから支払いのため、キッチンまで来るよう家の中に招き入れられた。

キッチンには12個のカップが逆さまに置かれており、それぞれのカップにお金が隠されていた。若者たちはボブさんに、カップを6個まで選ぶことができ、ピザの代金を超えた分はチップとして手渡すと持ちかけた。「こんなこと初めてだよ」とボブさんは驚きながらもゲームを始めると、1つ目のカップからいきなりピザの代金に相当する20ドル札を引きあてる。

さらに1ドル札、さらに5ドル札と、次々とお金を引き当てるボブさん。そして、5つ目に選んだカップからはなんと100ドル札が現れた。

サプライズに思わず号泣

ボブさんはこれが若者たちからのサプライズだと気づいたのか、驚きながらも感極まり、去り際に思わず号泣。しかしそれだけでは終わらなかった。

ボブさんを一度玄関まで送り出した若者たちは、「ちょっと待ってください」とボブさんを再びキッチンへ連れて行き、残った6つのカップから83ドル分のお札を取り出し、ボブさんに手渡した。若者たちは初めからすべて渡すつもりだったのだろう。

またしても驚くボブさんは「本当にありがとう。思わず涙がでてきちゃったよ」と顔を拭いながら笑顔を見せた。そして「君たちは本当に素晴らしいことをしたと思う」と何度も感謝を述べた。

次ページ:1億再生で殺到する称賛の声

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • ブックレビュー
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • アクティビスト・小玉直也の「こんな人生があるのか!?
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー