FINDERS

テレワークが定着すれば「都会以外で働く」ことも定着するか。FINDERS RADIO 第6回 Withコロナ時代における多拠点、二拠点のメリット ゲスト:永森昌志(ヤマナハウス 南房総三芳のシェア里山 代表者)
  • SUSTAINABLE
  • 2020.06.03
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

テレワークが定着すれば「都会以外で働く」ことも定着するか。FINDERS RADIO 第6回 Withコロナ時代における多拠点、二拠点のメリット ゲスト:永森昌志(ヤマナハウス 南房総三芳のシェア里山 代表者)

過去の音声はこちら

危機に備える「リスクヘッジ」として考える二拠点・多拠点生活、その愉しみ

ウェブメディア「FINDERS(ファインダーズ)」創刊編集長の米田智彦がホストを務めるポッドキャスト番組「FINDERS RADIO」。第5回のゲストは都内から車で約2時間、千葉県は南房総にある、江戸時代から続く築200年とも300年とも言われる古民家、長年休耕地となっていた畑、背部にそびえる小高い裏山。その2500坪の敷地にあるシェア里山「ヤマナハウス」代表者の永森昌志さん。

今回のテーマは「Withコロナ時代における多拠点、二拠点のメリット」です。

ちなみにFINDERS編集部も去年6月に南房総でワーケーションを実践してみました。こちらの記事もぜひお読みください!

リフレッシュ効果で意外と仕事サクサク!話題の「ワーケーション」やってみました【FINDERS編集部×千葉・南房総】

【今回の内容】
・2007年から東京と千葉の南房総の二拠点生活を始めた

・そこから南房総の比重が増えて、今は南房総をベースに週に1回程度、HAPON新宿というコワーキングスペースの運営をしながら、南房総でも行政の仕事をしていている。また。ヤマナハウスという築300年、2500坪のシェア里山としてコミュニティスペースとして運営している。

・南房総は三密の環境が少なく、コロナの影響は日常生活では影響を受けていないので、バックアップ的な場所としてはいい。都内からも難なく通える

・ヤマナハウスは3名がボードメンバーになって、年間5万円の会員制にしている。色んなスキル・能力を持った人が集まっている

・DIYは5年やってるが、未だ初級。素人のままマニアックなことを楽しめることが重要。それがいずれ生業になるかもしれない

・裏山に映画が観られる焚き火シネマを作ったり、イノシシBBQの大きなキットを買ったり。サグラダファミリアみたい永遠に作り続けることが面白い。ちょっとずつプロセスを共有することの愉しみ

・ヤマナハウスのビジネスとして側面。コロナの影響によって、都心の会社を誘ってワーケーションもやりたい。問い合わせは5倍になった。

・「逆デュアルライフ」という考え方。「地方に住みつつリモートを駆使して都心の会社に務め続ける」というライフスタイルは増えるか?

・「拠点」は途中で変えてもいい。何回もリピートしたら、もうそれは二拠点。移住先からしても、移住者候補の母数が増えた方が嬉しい


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • FINDERSビジネス法律相談所
  • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • FINDERS RADIO|米田智彦がホストを務めるポッドキャスト番組