FINDERS

スパイダーマンになろうと、毒グモに自ら噛まれにいった3人兄弟、病院に救急搬送される事態に
  • GLOBAL
  • 2020.06.01
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

スパイダーマンになろうと、毒グモに自ら噛まれにいった3人兄弟、病院に救急搬送される事態に

Photo By Shutterstock

文:Half Moon Bay

スクリーンの中の出来事と現実世界の区別がつかなくなることは、どの世界にもあること。

そんな中、3人兄弟がマーベル・シリーズの人気ヒーロー「スパイダーマン」になるため、毒グモであることをしたと報じられ、注目を集めている。

ピーター・パーカーになり損ねる

ボリビアの地方都市チャヤンタに住む12歳、10歳、8歳の3人兄弟は、マーベル・シリーズが大好き。彼らは先月、ヤギの世話をしている時、毒グモとして知られるゴケグモを発見した。この時、「スパイダーマン」のような超能力が得られると信じた彼らは、この恐ろしい毒グモを棒で繰り返し突いて、自ら噛ませたという。

「スパイダーマン」では、高校生の主人公ピーター・パーカーが研究所へ見学に訪れた際、放射能を浴びたクモに噛まれて、超能力を身につけたという描写があるのだ。

この毒グモに噛まれた3人兄弟は「スパイダーマン」のような超能力を身につけることなく、泣いているところを、母親に発見。近くの保健所に連れ込まれたが、すぐに地元の病院に搬送された。彼らはいずれも熱、震え、筋肉痛に苦しみ始めたため、ラパスの小児病院に搬送されたが、血清が投与され数日で症状は回復。5日後に退院したという。

米国のスペイン語テレビ局『Telemundo』によると、同国保健省の職員で疫学責任者であるビルヒリオ・ピエトロ氏が、新型コロナウイルスのブリーフィングで、親たちへの警告としてこの話を報告したという。「実際には幻想だとしても、子どもにとってはすべてが現実であり、映画は現実である」とピエトロ氏。

次ページ:元来、攻撃的ではなく、かみつくのは自衛のため

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • FINDERSビジネス法律相談所
  • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • FINDERS RADIO|米田智彦がホストを務めるポッドキャスト番組