FINDERS

額から角が生えた「ユニコーン犬」が反則級の可愛さ!ユニークな見た目にSNS上で悶絶者続出中
  • GLOBAL
  • 2020.03.20
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

額から角が生えた「ユニコーン犬」が反則級の可愛さ!ユニークな見た目にSNS上で悶絶者続出中

文:coolpolaris

額の中央に一本の角が生えた馬、ユニコーン。古典文学や旧約聖書に登場する伝説上の生き物だ。

そんなユニコーンにそっくりな犬が今、SNS上で注目を集めている。

片耳を失ったゴールデンレトリバーが一躍人気者に

生後13週のゴールデンレッドリバー「レイ」は、ふわふわの毛に覆われた右耳が頭の真ん中にある。イギリスのタブロイド紙『Mirror』によると、レイは生後2日目に、母親に噛まれ左耳を失ったという。米国ミシガン州で獣医として働く飼い主曰く、「片耳を失い皮膚を縫合しなくてはならなかった。すると、耳が頭のてっぺんまで移動していった」とのこと。その結果、耳が角のように見えるようになった。

レイのそのユニークな姿がユニコーンに似ていたことから、飼い主はは自身のTiktokに「ユニコーン・ドッグ」というキャプションを入れて投稿した 。すると、約96万件以上もの「いいね」が集まった。

その後もレイのかわいくておちゃめな動画が追加され、世界中のSNSユーザーの心を鷲掴みに。今やレイのInstagramは、約1万9000人のフォロワーを誇っている。ちなみに、レイ(RAE)という名前は、耳(EAR)を逆さに綴ったものだ。

保護された額から尻尾が生えた犬

ユニコーンのような犬は、レイだけではない。昨年11月、米国ミズーリ州で凍てつく寒さの中、一匹の子犬が救助された。その子犬はなんと額からしっぽが生えていた。動物保護団体「マックズ・ミッション」に引き取られたこの子犬は、ナーワルと名付けられた。

レントゲンで検査してみたところ、ナーワルの額の尻尾は頭蓋骨などにつながっておらず、あえて除去する必要もないためこのままにしていた。

同団体のFacebookにナーワルの姿がアップされると瞬く間に評判になり、「ユニコーンみたい」と話題になった。飼い主になりたいと名乗り出る人が殺到したが、現在ナーワルは同シェルターの創立者であるロシェル・シュテッフェンの家で、幸せに暮らしている。

レイやナーワルのような溢れる個性を、優しく見守る社会であることを願う。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • ブックレビュー
  • 令和時代のオープンイノベーション概論|角勝|株式会社フィラメント代表取締役CEO
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー