FINDERS

インフルエンサーは料金2倍! 無料提供の要求に怒ったアイスクリーム店の方針に称賛の嵐
  • GLOBAL
  • 2019.07.16
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

インフルエンサーは料金2倍! 無料提供の要求に怒ったアイスクリーム店の方針に称賛の嵐

文:岩見旦

SNSにおいて絶大な影響力を持つインフルエンサーに、商品やサービスを紹介してもらうことで、売上アップなどを狙うプロモーション手法はもはや定番となっただろう。

しかし、これとは真逆の方針を決めたアイスクリーム店が大きな話題となっている。

アイスクリームは4ドルで、インフルエンサーは8ドル

米国ロサンゼルスに拠点を構えるアイスクリーム店のCVTソフトサーブは、「インフルエンサーは料金2倍」というルールを定めた。

公式のInstagramに「私たちはあなたがインフルエンサーかどうか、フォロワーが何人いるかを気にしません」と綴り、「私たちはあなたがSNSへの投稿を引き換えに、無料でアイスクリームを提供しません。アイスクリームは文字通り4ドルで、インフルエンサーは8ドルです」と新たな方針を投稿した。

エスカレートするインフルエンサーからの要求

CVTソフトサーブは、ジョー・ニッチさんが奥さんのタイラーさんとともに2014年に設立した人気店。チョコレートとバニラ、ミックスを提供しており、ビンテージ風の移動販売トラックはインスタ映えにピッタリだ。

Guardian』によると、始めはインフルエンサーから無料提供の依頼のメールが何通か届く程度だったが、次第にその数は増え、トラックに直接リクエストしに来ることさえあったという。時には、有名俳優のアシスタントが来て、出演者やスタッフみんなにアイスクリームを配るように求めてきたことも。エスカレートする要求にニッチさんは辟易し、今回の決断に至ったのだ。

ニッチさんは『Newsweek』に、「ロサンゼルスは、偽物のインフルエンサーで溢れかえっています。彼らは大量にフォロワーがいるものの、『いいね』やフォロワーを購入している可能性が高いです。誰もがフォロワーを買うことが出来ます。検索すればすぐ分かります」と語っている。

インフルエンサーへ無料提供を拒否したこのアイスクリーム店のルールを公表するやいなや、ネット掲示板で評判となり、取材が殺到。結果的に公式Instagramに何千人もの新しいフォワーを獲得する「たなぼた」を得た。

無料で泊めてと依頼したYouTuberとホテルが大喧嘩

インフルエンサーが無料提供を求めるトラブルは、近年頻発している。

昨年、YouTuberであるイギリス人女性のエル・ダービーさんはアイルランドのホテルに、YouTubeでの宣伝の代わりに、恋人と宿泊させてほしいと依頼した。その要求にホテル側は激怒し、メール文面をFacebookに投稿。これに対して、ダービーさんは「本来は報酬をもらうのが当然」と反論。非難の応酬となり、激しく炎上した。

いくらブームとはいえ、誰もがインフルエンサーの拡散を望んでいるわけではない。相手によっては不躾な要求であることを、インフルエンサーは肝に銘じておいた方がいいだろう。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 旅する技術屋
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • ブックレビュー
  • 令和ネット漂流記
  • Pop’n Soulを探して
  • 口癖にしたい英会話