FINDERS

サカナクション「新宝島」のMVを小6がLEGOで再現した映像が、驚異の完成度!
  • CULTURE
  • 2019.02.08
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

サカナクション「新宝島」のMVを小6がLEGOで再現した映像が、驚異の完成度!

文:岩見旦

山口一郎氏がフロントマンをつとめる人気バンド・サカナクション。映画『バクマン。』の主題歌として、2015年にリリースされた「新宝島」は、同バンドの代表曲の一つだ。

この楽曲のミュージックビデオは、80年代の伝説の番組『ドリフ大爆笑』のオープニングを彷彿とさせるレトロ感溢れる作品となっている。そんな「新宝島」のミュージックビデオをLEGOで再現した猛者が現れたと話題だ。

小6男子の才能に脱帽

再現した動画はこちら。上のミュージックビデオを見比べてもらいたい。

メンバーやダンサーのスクールメイツはもちろん、セットや小道具に至るまで、そっくりに組み立てられている。映像はコマ撮りで撮影され、カット割りまで全く一緒だ。

この動画を製作したのは、「Drop Block Studio」名義で活動する12歳の男の子だ。小学6年生とは思えないセンスとクオリティに驚かされる。

「Drop Block Studio」は、この動画を「サカナクション好きが広まると嬉しいです!通称レゴナクションです!」と紹介。この題材を選んだ理由として「サカナクションの曲が大好きで、特によくて、LEGOで再現しやすい『新宝島』を選びました!」と述べている。

メイキング映像にも注目!

メイキングもご覧いただきたい。LEGOをひとつひとつ積み上げ、ステージを丁寧に組み立てている映像や、人形を少しずつ動かしながらストップモーションを撮影をしているシーンが収められている。

楽曲も打ち込みで作っており、自ら歌ったボーカルを音楽制作ソフト「GarageBand」で入れたという。これらすべての編集はiPadで行ったとのこと。

「熱量がスゴい」SNSで称賛の声続々!

思わぬ才能の登場に、Twitter上では「映像も音も、熱量がスゴい」「技術もサカナ愛も素晴らしい」「再生回数少なすぎなのでぜひ広まってほしい」「東大のLEGO部にスカウトされそう」など称賛のコメントが寄せられている。

メンバ−の山口一郎氏はまだ、Twitterでこの動画に触れてはいないものの、過去にも「新宝島」のMAD動画に対して「最高!」「色々あるんだね」とツイートしていることから、今後コメントする可能性がある。果たしてどんなリアクションをするのか、期待が高まる。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 株式会社映像センター
  • DSJ

SERIES

  • オランダ発スロージャーナリズム
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • 遊ぶように働く
  • アフリカンジャパニーズ・ビジネス周遊記
  • FINDERSビジネス法律相談所
  • デジハリ杉山学長のデジタル・ジャーニー