FINDERS

K-POPアイドルデビューを目指し、オーディション番組『ガルプラ』に挑戦。少女たちはなぜ韓国を目指すのか【連載】Z世代の挑戦者たち(6)
  • CULTURE
  • 2022.02.11
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

K-POPアイドルデビューを目指し、オーディション番組『ガルプラ』に挑戦。少女たちはなぜ韓国を目指すのか【連載】Z世代の挑戦者たち(6)

写真左から、山内若杏名さん、久保玲奈さん、藤本彩花さん、比屋定和さん、桑原彩菜さん

2021年に放送された韓国の女性アイドルグループオーディション番組『Girls Planet 999(以下、ガルプラ)』(日本ではABEMAが独占配信)。同番組は日本・中国・韓国から33名ずつ、合計99名の候補者が参加し、2022年にデビューを飾る「Kep1er(ケプラー)」に加入するためのたった9席の椅子を賭けた、視聴者投票をベースとする熾烈な競争が繰り広げられた。 

日本では2011年に小学校で、12年からは中学校でダンスが必修化されて以降、ダンスに触れて好きになる子どもが増え、同時並行でK-POPが当たり前に聴かれるようになった中で、「日本的なアイドルではなく、K-POPグループで活躍したい」と考える子も珍しくなくなってきている。芸能界や音楽業界だけでなく、ダンス業界もまた、こうした需要の高まりを踏まえてK-POPダンスを教えるスクールが増えている。

そうした中、東京都内を中心に展開するダンススクールのEn Dance Studioは、2021年にはK-POPダンスを専門に、現役ダンサーも多数講師陣に揃えたスタジオ「NEXTinDANCE」を設立。同スクールでは特待生制度として、オーディション対策講座なども受講できる「NiDアカデミー」も用意しており、実はなんとここから4名のガルプラ候補者を輩出していた。
(ちなみに今年4月からはさらにそのステップアップ版として、通信制高校の鹿島山北高等学校と連携し、韓国の練習生と同等レベルのレッスン体制を構築しながら高校卒業資格も取得できる「NiD高等学院」が開校される)

 今回のインタビューでは、同スクールからガルプラに参加した比屋定和さん藤本彩花さん、桑原彩菜さん(インスタが鍵アカウントのためリンクなし)、山内若杏名さん、そして久保玲奈さんの5名に加えて、ダンス解説系YouTubeチャンネル「ARATA DANCE SCHOOL」を運営するARATAさんに話をうかがい、「なぜK-POPアイドルを目指すのか」「ガルプラのオーディションではどんなことを起こっていたのか」を語っていただいた。

聞き手・文・構成:神保勇揮

彼女たちはなぜK-POPアイドルを目指すのか

今回は2021年10月に行われた、ARATAさんによる5人のインタビュー動画の撮影前に取材の機会をいただいた。ARATAさんによるインタビュー動画はこちら

―― まず、皆さんがダンスを始めたきっかけと、プロになることを意識したのはいつごろかということを教えてください。

比屋定:比屋定和(ひやじょう・なごみ)です。ダンスを始めたきっかけは、最初はバレエを5歳のころに親に連れられて始めました。プロになることを意識したきっかけは、小学校6年生のころにダンスの発表会でビヨンセの曲を踊ることになった時にパフォーマンスを色々と見て「こういう風になりたいな」と思ったことです。

ガルプラに参加した99人全員がグループに分かれてお披露目パフォーマンスを行う「探索戦」より。課題曲は(G)I-DLE「DUMDi DUMDi」。共演しているのは最終的にKep1erのメンバーに選ばれた坂本舞白さんだが、比屋定さんの終始楽しげでパワフルなパフォーマンスは全く見劣りしていない

藤本:藤本彩花です。私は幼いころから女優やモデルを目指して芸能活動をしていたんですけど、中学生のころに学校の先生たちからいじめられたことがあって、その時に救ってくれた友達がK-POPアイドル好きで、私もそうなりたいと思い始めて。でも、なかなか一歩を踏み出せずに2020年にダンスを習い始めたところです。

2回目の選抜となるコネクトミッションにて課題曲にBLACKPINK「Ice Cream」を選択したチームのパフォーマンス。黄緑色のトップスでツインテールをしているのが藤本さん。動画2:17からの華麗な側転に注目

桑原:桑原彩菜です。私も同じく、3歳ぐらいの時からバレエをやっていたんですが、ゆっくりきれいに踊るより、もっとアップテンポで激しく踊りたいと思うようになってきたんです。もともと歌が大好きで芸能活動もやっていたこともあり、かつてPerfumeさんなどが通っていたアクターズスクール広島に行ってダンスを習い始めました。プロになりたいと思ったきっかけは、小学2年生の時の初めての発表会で踊っている途中に「これだ!」と感じたことです。

コネクトミッションで2PM「My House」のパフォーマンスを行ったグループ。左端に位置するロングヘアの女性が桑原さん。男性グループのミディアムテンポなR&B楽曲を見事に歌いこなした

山内:山内若杏名(もあな)です。私も2、3歳のころからクラシックバレエを始めて、バレエはいったん小学校低学年でやめてしまったんですけど、ちょうどその頃知り合いの結婚式で踊り狂っていたみたいで(笑)。当時、私の友だちでもダンスを始めている子が何人かいたので、同じダンススクールに小学3年生の頃から通うようになりました。

プロを目指そうと思ったのは、K-POPが世界に発信されるようになって、世界中から注目されるようになっているのをYouTubeなどで観て知って、そこから私もダンスを頑張ったら世界に発信できるんじゃないかなと思ったのがきっかけです。

山内さんは探索戦にてなんとソロパフォーマンスを披露。課題曲はBoA「Black」。セクシーな歌唱・ダンスをこなしきり、審査員による初回の国別ランク付けでは日本人3位に選ばれた

久保:久保玲奈です。私は2歳の終わりぐらいのころにスーパーなどでかかっている音楽に合わせてずっと踊っていたみたいで。それを見た両親が「踊るのが好きなんだ」と理解してくれて、近くのダンススタジオに通わせてもらいました。そこからずっと、今でもダンスは続けているので、20年目ぐらいになります。

中央左の帽子を被った女性が久保さん。コンビネーションミッションでの課題曲はBTOB「Missing You」で、抜群の安定力を持つボーカルを武器に、楽曲内で最も重要で目立つ「キリングパート」で大活躍した

小学3年生の時に、SMAPさんの東京ドームライブのバックダンサーとして初めて仕事としてステージに立たせてもらう機会があって、自分もいつかメインとしてステージに立ちたいと思い、その時から自分の夢がダンサーというよりもアーティストというかたちに変わりました。小学6年生の時にはPrizmmy☆というグループでデビューさせていただいて、高校2年生の3月の終わりまで6年間活動させてもらっていたのですが、そこで解散となってしまって。

ですが、私は今でも歌って踊ることがとても好きで、その後にEXPG STUDIOに所属して、ずっとそこでデビューできるように頑張っていたんですけれども、またそこでも夢が叶わず、今回ガールズプラネットにまた挑戦して…というかたちで今に至っているのですが、引き続き頑張っている途中です。

次ページ:今の20代以下は幼少期から特訓を積んだ「ダンスエリート」が急増中

1 2 3 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • ブックレビュー
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • アクティビスト・小玉直也の「こんな人生があるのか!?
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー