FINDERS

イギリスで300匹以上の猫が謎の死。原因はキャットフード? 一部製品から有毒化学物質
  • GLOBAL
  • 2021.08.18
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

イギリスで300匹以上の猫が謎の死。原因はキャットフード? 一部製品から有毒化学物質

Photo by Shutterstock

文:窪田みちる

可愛らしい見た目や自由気ままな性格から、世界中の人々を虜にし続ける猫。海外の有名セレブの中にも、愛猫家を公言している人は少なくない。

ところが、そんな愛猫家たちにとってショッキングなニュースが舞い込んできた。イギリスで300匹以上の猫が亡くなったと『ABC News』が報じたのだ。

555件の症例が報告。死亡率は63%

ロンドンの王立獣医学校(RVC)によると、猫の大量死の原因は血液の病気「汎血球減少症」で、血中の白血球、赤血球、血小板が減少する症状が起こるという。

今年2月に初の症例が報告されて以来、8月16日時点で555件の症例が挙がっており、死亡率は63%。この報告はイギリス国内の一部に過ぎないため、実際はさらに多くの猫が死亡したと考えられる。RVCは5月下旬にこの病気に罹患する猫が急増したことで注意喚起を行ったが、現在のところその原因は正式には特定されていない。

RVCと英国食品基準局(FSA)は、猫の大量死を引き起こした原因を調査中だ。FSAは、6月にリコールされたSainsbury社の低アレルギー性キャットフード、Pets at Home社のキャットフード「Applaws」「AVA」を含む複数の商品を調べている。

Fold Hill Foods社も6月に予防的措置として一部ペットフードを自主回収。同社の広報担当者は、「私たちは猫を飼っている者として、この状況がどれほど動揺を与え、ストレスになるかを十分に理解しています」「なぜイギリスで汎血球減少症の症例が増加しているのかを早急に解明する必要があります」と明かした。

検出されたマイコトキシンとは

FSAは7月16日の声明で、リコールされたキャットフードのサンプルの一部からマイコトキシンが検出されたことを発表した。マイコトキシンとは、さまざまな食品に発生するカビの有毒化学物質だ。ただFSAは「マイコトキシンはさまざまな飼料や食品に広く含まれており、これ自体が猫の汎血球減少症の原因であることを示しているわけではありません」と述べている。FSA及び規制当局は今後も調査を継続し、キャットフードに含まれる可能性のある毒素について、より広範なサンプルを調査する予定だ。

なお、日本国内のペットに影響があるかは不明だが、自宅のキャットフードがリコール品を使用していないか確認してほしい。愛するペットを失った飼い主たちのためにも、病気の原因が一刻も早く究明されることを願うばかりだ。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • ブックレビュー
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト
  • アクティビスト・小玉直也の「こんな人生があるのか!?
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー