FINDERS

なぜデジタルの「絵」が75億円で売れるのか?【連載】NFTが起こすデジタルアートの流通革命(1)
  • CULTURE
  • 2021.06.17
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

なぜデジタルの「絵」が75億円で売れるのか?【連載】NFTが起こすデジタルアートの流通革命(1)

Photo by Shutterstock

今年になった急遽に話題になり盛り上がりを見せているNFT。ブロックチェーン技術を活用することで、コピーが容易なデジタルデータに対し、唯一無二な資産的価値を付与し、新たな売買市場を生み出す技術として注目を浴びている。中には数億円の価格が付くデジタルアート作品も登場している。今連載では、日本初にNFTに関する書籍を出版した足立明穂氏がNFTの基礎知識、暗号資産との違い、国内外のNFTマーケットプレイス、なぜデジタルデータに数億円といった価値が付くのかなどについて徹底解説する。

足立 明穂

ITトレンド・ウォッチャー、キンドル作家

シリコンバレーで黎明期のインターネットに触れ、世界が変わることを確信。帰国後は、ITベンチャー企業を転々とする。また、官庁関係の仕事に関わることも多く、P2Pの産学官共同研究プロジェクトでは事務局でとりまとめも経験。キンドル出版で著述や、PodcastでITの最新情報を発信しつつ、セミナー講師、企業研修、ITコンサル業務などをおこなうフリーランス。

最新作『NFT解説本』
Podcast番組『週刊ITトレンドX』

高額取引されるデジタル・アート

75億円で落札されたBeepleの作品

今年の3月、Beepleというデジタル・アーティストのNFT作品が75億円で落札されたというニュースが世界中を駆け巡りました。バブルの時代に、安田海上保険がゴッホの『ひまわり』を53億円で落札したときも大騒ぎでしたが、今回は、金額もさることながら、「Beepleって誰?」、「NFTって何?」という状態になっています。

日本でも、VR(仮想空間)アーティストのせきぐちあいみさんのVRアート作品が1300万円で落札されたり、セクシー女優の波多野結衣さんのデジタル写真集が数分間で完売し、総額1.6億円になったりと、次々と驚くようなことが起きています。

アート以外でも、NFTが利用され、Twitter創業者の一人、ジャック・ドーシーの最初のツィートが3億円で落札されるとか、クリプトキティーズというゲームで誕生するネコのキャラクターが2000万円で売れるといったことも起きています。

数年前から始まったNFTですが、今年になって急速に広がっています。そのNFTが、どのようなものなのか、何ができるのかなど、今回から連載で、分かりやすく説明したいと思います。

連載最初になる今回は、従来のアート作品との比較をしながら、NFTとはなにかを考えてみたいと思います。

ゴッホの絵は、世界で1枚だけ

ゴッホの『ひまわり』が53億円で落札されるのは、作品のすばらしさもありますが、世界に1枚だけのオリジナルであるという希少性にあります。本物が欲しいと思う人が多ければ多いほど、価値が上がり高額で取引されます。

ただ、アート作品には、贋作といわれる偽物も多いのも事実。アート市場の規模は、7.5兆円と言われていますが、一方で、その半分が贋作だそうです。だからこそ、鑑定士といった専門家が、筆のタッチや構図、サイン、使われている素材、保管状態、どこで手に入れたのかなど、多方面から分析し鑑定します。本物となれば、鑑定書を発行し、晴れて本物として認められます。

鑑定書と共にアート作品がオークションに出品されると、そのアーティストの人気や作品のすばらしさ、本物であるというお墨付き、希少価値ということから、高値で落札されるようになるのです。

次ページ:デジタルなのに、なぜ高く売れる?

1 2 3 4 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞