FINDERS

スマホを充電するため、コロナワクチンの冷蔵庫のコンセントを抜いた結果、約1000回分が廃棄に
  • GLOBAL
  • 2021.06.15
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

スマホを充電するため、コロナワクチンの冷蔵庫のコンセントを抜いた結果、約1000回分が廃棄に

Photo by Shutterstock

文:山田山太

日本でも新型コロナウイルスのワクチン接種が始まり、1日あたりの接種回数も徐々に増えている。同時に、厳密な温度管理を必要とするため、その取扱いの難しさから、一部が廃棄することになったというニュースも聞くようになった。

そんな中、中央アジアのキルギス共和国でもワクチンの廃棄が問題に。しかし、そのあまりに間抜けな原因が話題となっている。

ロシア製ワクチン「スプートニクV」およそ2万本が寄付されるも

キルギス共和国の首都ビシュケクの州立診療所には、ロシアから寄付されたワクチン「スプートニクV」およそ2万本が保管されていた。なんでも中国の国営シノファーム(医薬集団総公司)製ワクチンも同様に寄付されていたが、世論調査や保健所にできた行列などからもロシア製の「スプートニクV」が圧倒的に支持を得ていたという。

しかし今年4月、その「スプートニクV」およそ1000回分が廃棄になってしまったという。その理由とは、スマートフォンを充電するために、ワクチンの保管用の冷蔵庫のコンセントを抜いてしまったからだ。

『Khaleej Times』によると、同国の保健大臣を務めるアリムカディル・ベイシェナリエフ氏は、同施設の清掃員が行った可能性があると述べているとのこと。

次ページ:コロナ治療にトリカブトの根?

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー