FINDERS

海の中へ消える球体のUFO映像が、アメリカ海軍から流出。国防総省も本物と認める
  • GLOBAL
  • 2021.06.03
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

海の中へ消える球体のUFO映像が、アメリカ海軍から流出。国防総省も本物と認める

Photo by Shutterstock

文:山田山太

昨年12月、トランプ前大統領は、UFOに関する報告書を180日以内に米国議会に提出することを連邦政府機関に求める法案に署名した。今、世界中でUFOへの関心が高まっている。

そんな中、また一つ、UFOの存在を裏付ける動画が公開され、世間を騒がせている。

1時間ほど海上を飛行

ドキュメンタリー映画製作者のジェレミー・コーベル氏は5月15日、自身のTwitterに、UFOの動画を投稿した。そこには球体のUFOが海上を飛び回り、最終的に海の中へ飛び込み、消えていく様子が収められている。目撃者たちが興奮し、「水しぶきを上げたぞ!」と声を上げている音声も。言うまでもなく、現在の科学力では到底実現できないだろう。

コーベル氏はこの動画を、2019年7月15日にアメリカ海軍がカリフォルニア州サンディエゴ沖の巡洋艦USSオマハから捉えたものだと説明。コーベル氏のウェブサイトには、このUFOは40〜138ノット(時速およそ74〜255km)で、およそ1時間以上飛行していたと記されている。なお、機体の残骸などは見つかっていないという。

コーベル氏の投稿は5000件を超えるリツイートと1万1000件の「いいね」を獲得。「民間が作った未公表の機体という可能性はないか」「機体の回収のためにちゃんとダイバーが送られたか知っていますか?」「飛行の時間や速度を考えるとドローンではないはず」など、さまざまな疑問や見解が寄せられた。

次ページ:未確認空中現象タスクフォースが調査に乗り出す

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞