FINDERS

130台の玉突き事故で、トヨタ車大破も救助活動にあたった運転手男性。トヨタから思わぬプレゼント
  • GLOBAL
  • 2021.03.11
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

130台の玉突き事故で、トヨタ車大破も救助活動にあたった運転手男性。トヨタから思わぬプレゼント

文:ヤジマミユキ

通勤中に巻き込まれた突然の事故

米国テキサス州の非営利医療組織MedStarの救急隊員であるトレイ・マクダニエルさんは、今年2月11日の早朝、自身の愛車「トヨタ・FJクルーザー」で高速道路を走っていた。すると、路面凍結のスリップによって車130台以上が絡む玉突き事故が発生。マクダニエルさんは前方の異変に気づいて直ちに減速したが、ブレーキは利かず壁にぶつかってしまった。さらに、後ろからトレーラーが全速力で衝突し、マクダニエルさんは車ごと宙を舞、反対車線に飛ばされてしまった。

「トレーラーは止めようとしていたように見えましたし、車から火花も飛んでいました。ですが、車は全速力で向かってきました。この状況で、時が来たと。もうこれはただ衝撃に備えるしかないと思いました」と、後日『NBC5Dallas』の取材に、当時の心境を語っている。

衝突の衝撃で車は大破したものの、エアバックに包まれ一命を取り留めたマクダニエルさん。車から這い出ると、現場にいた消防士から「犠牲者の治療を手伝ってほしい」と頼まれ、すぐさま他の負傷者の処置に取り掛かった。

この時、マクダニエルさんが救急隊員の制服を着ていたため、消防士は事故に駆けつけた隊員だと思い込んでしまったのだ。救助作業にあたった後、マクダニエルさん自身も病院へ搬送され、ケガの治療を受けたという。この事故は6人が死亡し、多数の負傷者が発生した。

次ページ:「トヨタが私の命を救った」SNS投稿が起こした奇跡

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • テレビの窓から
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • 超副業論!
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • サム古川のインターネットの歴史教科書
  • Z世代の挑戦者たち