FINDERS

「地球外生命体が地球に来ない理由は、人類があまりに愚かだから」米ハーバード大学教授が激白
  • CULTURE
  • 2021.02.22
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

「地球外生命体が地球に来ない理由は、人類があまりに愚かだから」米ハーバード大学教授が激白

Photo by Shutterstock

文:山田山太

ハーバード大学教授で物理学者のアヴィ・ローブ博士は、2017年に初めて観測された恒星間天体「オウムアムア」が、地球外生命体の存在を示すものであると持論を述べ、大きく話題を集めた。

そんなローブ博士が『Daily Star』のインタビューに答えた。そこで答えたのは、地球外生命体が地球に来ない理由だ。

地球外生命体にとって地球の緑は美しくない?

ローブ博士は、地球外生命体が地球に来ない理由は大きく2つあると語る。まず1つ目は、地球外生命体の視覚に関係しているという。銀河系の恒星の内、最も多くを占めるのが矮星で、その多くは質量が太陽の10分の1で、温度が2分の1の赤色矮星だ。「赤色矮星は主に赤外線を放射しているため、もしその近くの星に生命体が住んでいるとしたら、彼らの目は赤外線を捉えるようにできているでしょう。そして、その星の草は緑ではなく赤色をしているはずです」とローブ博士は語る。

さらにローブ博士は、「もし星間飛行の旅行代理店がいるとしたら、彼らは地球をおすすめしないと思います。なぜなら彼らの目に美しく見えるのは地球に生える緑の草ではなく、とても濃い赤色をした草だからです」と推測。これによって、地球外生命体が存在する可能性の高さに反し、そのような文明との接触がいまだに皆無である矛盾「フェルミのパラドックス」にも説明がつくのではないか、と明かした。

次ページ:「私は遥かに賢い生物たちがすでに存在していると考えています」

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • CSAJ JOURNAL ON FINDERS
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
  • FINDERS×CAMPFIRE
  • 超副業論!
  • FIND YOUR FASHION
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー