FINDERS

世界でただひとつの極上のフィット感を。新鋭メゾン「ミゲルブランカス」でライダースジャケットをカスタムメイド
  • ITEM
  • 2021.02.22
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

世界でただひとつの極上のフィット感を。新鋭メゾン「ミゲルブランカス」でライダースジャケットをカスタムメイド

取材・文・構成:庄司真美 写真&スタイリング:駒田達哉 特別協力:TABLEROCK

春を目前に、三寒四温が続く季節。

梅雨が始まるまで着られるアウターとして今こそ手にすべきが、レザーのライダースジャケットだ。

あえてダブルを選び、「ロックテイストに攻めたい」という人は除き、多くのビジネスパーソン諸氏におすすめなのは、断然コーディネートしやすいシングルライダース。

そこで今回は、ライダースジャケットの新鋭メゾン「MIGUEL BLANCAS(ミゲルブランカス)」の「フェノム・シングルバイカージャケット」を紹介したい。

連載一覧はこちら

ライダースジャケットの新鋭メゾン「ミゲルブランカス」

「MIGUEL BLANCAS」の公式サイトより。同ブランド主力アイテムのひとつであるシングルバイカージャケット。

“メイド・イン・トーキョー”が示された「MIGUEL BLANCAS」のブランドタグ。

革の仕立て技術を独学で学び、ライダースジャケットのオーダーメイドを始めたデザイナーの渡久地ミゲル氏が、自身のブランド「ミゲルブランカス」を創設したのは、2013年のこと。

やがてH.P.FRANCE運営のセレクトショップ「TIME&EFFORT 松屋銀座POPUP STORE」に新鋭ブランドとして参加するや否や、優れた革の仕立て技術と洗練されたアイテムがたちまち評判に。2017年よりアトリエ兼ヘッドショップを東京・代官山にオープンするに至る。

重厚感と存在感のあるレザージャケットは特に、着た時の“サイズ感”が重要なアイテムだ。

なんと言っても同ブランドの真骨頂は、テーラーメイドゆえに1人1人のサイズに合った、自分好みのライダースジャケットを作れることにある。

同ブランドでは、好みや予算に応じてフルーオーダーとイージーオーダーからチョイスでき、既製服にはない自分だけの1着を求めることができるのだ。

しかも、自社アトリエにてデザイナー自身が採寸から関わり、裁断や縫製などのすべての工程を手がけ、製作されている。つまり、渡久地氏は優れたデザイナーであり、優れた職人でもあるのだ。

着心地の決め手は、ポニーハイドとシープスキンの使い分け

同ブランドのライダースジャケットを手にすれば、「革ジャンって肩が凝りそう」といった印象がある人ほど、印象は覆るだろう。

「フェノム・シングルバイカージャケット」の黒革部分はポニーハイド、白革部分はシープスキンと、いずれも希少な素材が使い分けられている。そのため、重厚な印象のライダースジャケットながら、軽量なのも特徴だ。

それもそのはず、メイン素材に使われているポニーハイドは、牛革などから比べても圧倒的に軽量であり、しかもやわらかくて手触りもよく、摩擦に強く、通気性がよいのが特徴だ。

また、肩周りにしなやかでやわらかなシープスキンのキルティングパッドを配することで、着心地のよさがグレードアップしている。

次ページ:必見!動きをスムーズにする背面のアクションプリーツ

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • JKA Social Action × FINDERS
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • コロナ禍の移住・脱東京