FINDERS

リモートワーク中に4割以上が飲酒した経験あり!最も飲んでいる職業とは?コロナ禍のアルコール依存に懸念
  • SUSTAINABLE
  • 2021.01.06
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

リモートワーク中に4割以上が飲酒した経験あり!最も飲んでいる職業とは?コロナ禍のアルコール依存に懸念

Photo by Shutterstock

文:山田山太

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、一気に普及したリモートワーク。通勤時間がなくなるなどのメリットがある一方で、私生活との切り替えが難しく、生産性が落ちてしまうのではないか?という懸念も拭い切れない。

ノンアルコールホップ飲料を販売するHOP WTR社と調査会社OnePollが昨年、アメリカに住む2000人(うち約800人が21歳以上のリモートワーカー)を対象に、リモートワークにまつわる調査を行ったとところ、意外な結果が出た。社員の動向が気になる管理職は必見だ。

45%はリモートワーク中に飲酒をしている。

今回の調査によると、リモートワーカーの46%がロックダウン期間中、少なくとも1度は仕事を早めに切り上げ、飲酒をしたことがあると回答。また、45%は勤務中に酒を口にしたことがあると答えた。なにやら不真面目な人が多いのではないか、と感じるかもしれないが、事態は少し深刻かもしれない。

全体の回答者の53%がロックダウン期間中、飲酒量が増えたという。また全体の52%はニュースを見ながら酒を飲む必要性を感じたことがあると答えており、週平均で約4杯何らかの酒を飲んでいるという。そして、10人中6人がこれから飲酒量を減らしていきたい、と考えているということだ。自由に楽しむために酒を飲んでいるというよりは、日々のニュースなどから受けるストレスをできるだけ減らしていくために、飲まざるを得なくなっていると感じるようだ。

次ページ:広告代理店勤務は自宅での飲酒率が高いという結果も

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • JKA Social Action × FINDERS
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家