FINDERS

トランス女性選手が陸上競技女子の枠でトップ独占し、生物学的な女性選手が苦境に。スポーツの公平性を訴える動画が話題に
  • GLOBAL
  • 2020.12.08
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

トランス女性選手が陸上競技女子の枠でトップ独占し、生物学的な女性選手が苦境に。スポーツの公平性を訴える動画が話題に

文:滝水瞳

ゲイやバイセクシュアル、トランスジェンダーなどのいわゆる性的マイノリティに対しての理解が、少しずつ世間に広まりつつある。しかしここにきて、別の側面から公平性が失われていると疑問が呈されていることをご存じだろうか。

米国の非営利団体「PragerU」が先月16日に公開した動画が、大きな物議を醸している。タイトルは「女子スポーツの終焉」だ。

 “性別”に疑問「生物学的には勝てない」

米国コネチカット州に住むセリーナ・ソウルさんは、8歳の時から陸上競技をはじめ、家族やコーチの支えを受けながら鍛え上げ、2018年には高校女子陸上競技大会のトップ5に入るほどの実力をみせた。

しかしセリーナさんは、その年の州選手権である大きな壁にぶち当たる。セリーナさんを負かした1位と2位の選手が、トランスジェンダーの女子、つまり性自認は女性だが生物学的には男性とされた選手たちだったのだ。彼らは2年連続で女子の枠で1位と2位を獲得。結果、この2人は合計15種目の州選手権でタイトルを獲得した。

ここでセリーナさんの中に疑問が浮上した。「男性が女性と競い合うのは公平か?」。生物学的な性別の違いが競技結果に影響を及ぼすと考えた。

セリーナさんは、放課後や週末に友達と遊びたい気持ちを抑え、毎日2時間以上のトレーニングを欠かさず、週末は朝練や大会に出場した。まさに彼女の青春時代は、100メートル走と200メートル走でコンマ何秒を削ることに費やされていた。

仮にそのトランスジェンダーの1位と2位の選手が男子チームに出たとすれば、出場する資格が得られなかったレベルだったと話すセリーナさん。男性と女性の体力は生物学的な違いが明らかで、とてもかなわない部分があると語った。例えば、世界最速の女性陸上選手と称される米国の金メダリストのアリソン・フェリックス選手は、400メートル走の自己ベストが49.26秒だが、2018年のデータによれば、この世界記録を米国内の男子高校生約300人が追い抜かれるという。

次ページ:「アスリートに公平性を」訴訟へ

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • JKA Social Action × FINDERS
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家