FINDERS

目と耳が不自由なピンクの子犬、逆境を乗り越えSNSの人気者に!子どもたちを勇気づける存在へと成長
  • GLOBAL
  • 2020.11.23
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

目と耳が不自由なピンクの子犬、逆境を乗り越えSNSの人気者に!子どもたちを勇気づける存在へと成長

文:滝水瞳

過酷な生い立ちで、体重はわずか680グラム

アメリカ・ジョージア州で2017年3月、ダックスフントとチワワのミックス犬が動物シェルターに保護された。毛が薄く、肌の色が見えていてピンク色のそのオス犬は、目と耳が不自由という重い障害を抱えていた。

保護された時の体重はわずか約680グラム。『People』によれば、当時、他に37匹もの犬がいる場所で暮らしており、過酷な環境だったという。

この犬を預かったコネティカット州の獣医、メリッサ・シャピロさんは、その独特の容姿から、くまのプーさんの相棒を連想し「ピグレット」と命名。獣医として四六時中、世話をした。しかし、日々を共にして2カ月経つ頃、情が移ってしまったメリッサさんは、なんとピグレットのことが愛おしく離れられなくなり、自宅に引き取ることに決めた。

ここからがメリッサさんとピグレットの試練の始まりだった。ピグレットは新しい環境になじめず、とめどなく鳴き続けた。自宅では、メリッサさんと夫のウォーレンさん、そして6匹の犬たちが常に寄り添い続けたが、「ピグレットが来た最初の月は外出すら出来ませんでした」とメリッサさん。

メリッサさんの懸命のケアが通じたのか、しばらく経つと、ピグレットも徐々に慣れ落ち着きを見せ始めた。気が付けば、ウォーレンさんの腕の中で眠るのが好きになり、兄弟となった犬たちとはしゃいで駆け巡っていた。

メリッサさんがピグレットの日々をSNSで掲載し始めたところ、その可愛らしい容姿も相まってInstagramは爆発的人気となり、約23万人ものフォロワーが集まった。

次ページ:その生き様が勇気を与え、来年は新書を出版

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー