FINDERS

実は感染リスクが高い公衆トイレで、新型コロナから我が身を守る7カ条
  • GLOBAL
  • 2020.10.02
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

実は感染リスクが高い公衆トイレで、新型コロナから我が身を守る7カ条

Photo By Shutterstock

文:滝水瞳

世界で未だ猛威を振るう新型コロナウイルス。引き続きさまざまな策が講じられる中、感染リスクが比較的高いとされているのが公衆トイレ。普段利用する場所なだけに、注意を払いたいところ。

そんな公衆トイレでの予防法を、米国の非営利団体『AARP』が報じた。

公衆トイレに潜む現象「トイレット・プルーム」

そもそも、なぜ公衆トイレは感染リスクが高いのだろうか? 新型コロナウイルスは、感染者の糞便を介して感染することが指摘されている。水洗トイレを流す場合、この糞便の微細な粒子「エアロゾル」の約60%が空気中に漂い便座の上部に上昇すると、今年6月に学術誌『Physics of Fluids』で研究が発表された。この現象は「トイレット・プルーム」と呼ばれており、便器などの表面が汚染される可能性があるという。

8月に同誌で発表された別の研究では、小便器でも同様の結果が得られた。公衆トイレでは使用頻度も高いため、粒子の量が多くなることが予測されている。現段階ではトイレット・プルームが直接的な感染源となるかどうかは明らかになっていないが、できる限りの予防策が必要とされている。

次ページ:公衆トイレに携帯電話を持っていくべからず


1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • JKA Social Action × FINDERS
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家