FINDERS

ダウン症の2歳女の子、高級子ども服ブランドのモデルに大抜擢!愛らしい笑顔で世界を包む
  • GLOBAL
  • 2020.09.11
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

ダウン症の2歳女の子、高級子ども服ブランドのモデルに大抜擢!愛らしい笑顔で世界を包む

文:KNYS

従来の慣習にとらわれず、多様な属性や価値観を取り入れることが今、企業に求められている。

そんな中、ダウン症の少女が高級子ども服ブランドのモデルに起用され、新たな企業の試みとして、注目を集めている。

スカウトのきっかけはInstagram

英国ウォリックシャーのレミントン・スパに住んでいる2歳の女の子、エレノアちゃんはダウン症だ。母親のヘレン・マントンさん(36歳)は、家族のInstagramに、エレノアちゃんの愛らしい写真を日々投稿していた。

すると、この写真が高級子ども服ブランド「ジョジョ・ママン・ベベ」の目に留まった。ジョジョ・ママン・ベベはエレノアちゃんをモデルに起用しようとスカウトした。エレノアちゃんはこの知らせに飛び跳ねて喜んでいたという。

こうしてエレノアちゃんは「ジョジョ・ママン・ベベ2020年秋冬キャンペーン」の顔としてモデルデビューすることとなった。

新型コロナウイルスの影響で撮影は自宅で

しかし、新型コロナウイルスによるロックダウンの最中であったため、通常の撮影は行うことができなかった。そこで撮影は自宅で、家族の手によって行われることになった。

ジョジョ・ママン・ベベから送られてきた服を着たエレノアちゃんを、ヘレンさんがiPhoneで撮影。そして、父親のグレイグさんは撮影中、エレノアちゃんに笑顔を作らせるための「チーフ・スマイル・コーディネーター」として大事な役割を担ったという。

祖父母の家の裏庭で撮影された写真には、フードのついた赤いセーターを着て、満面の笑みを浮かべているエミリアちゃんの姿が映し出されている。

次ページ:多様性を認め合うことができる世界を目指して

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • JKA Social Action × FINDERS
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • コロナ禍の移住・脱東京