FINDERS

KKKの本拠「アメリカで最も人種差別主義の街」でBlack Lives Matter運動を行ってみたら、予想外の展開に
  • GLOBAL
  • 2020.08.13
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

KKKの本拠「アメリカで最も人種差別主義の街」でBlack Lives Matter運動を行ってみたら、予想外の展開に

文:小村海

アメリカで400年にわたって続いている黒人差別。現在でも黒人が警察に暴力を振るわれたり、殺害されたりする事件が後を絶たない。

そうした中、黒人差別への反対を訴えるBlack Lives Matter運動が世界的な広がりを見せている。集団単位でデモ活動を行うのが一般的だが、インフルエンサーなど単独で主張を訴える者も少なくない。

「馬鹿者」「お前はテロリストだ」と罵詈雑言

アメリカ・ミシガン州に住むロブ・ブリスさんは、チャンネル登録者数が3万9000人のYouTuber。ブリスさんは、人種差別の問題がどれだけ残っているかを明らかにするため、白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)の本拠であり、「アメリカで最も人種差別主義の街」と称されるアーカンソー州ハンソンでBlack Lives Matter運動を行った。

ハリソンを訪れたブリスさんは、路上で「BLACK LIVES MATTER」と書かれた看板を掲げると、車に乗った人や街を行き交う人から、「馬鹿者」「お前はテロリストだ」「なぜ黒人の人生が重要か説明してくれないか」「黒人が通った後は通らない」と、次々と罵声を浴びせられる。さらに、Black Lives Matter運動を「これまでで最も大きなデタラメだ」「次のISIS(イスラム国)である」と中傷する人も。また人種に関する公正さを掲げるウォルマートからも追い出される事態に。

ただ、少数ながらもブリスさんを支持する人もおり、女性から手渡された手紙には「嫌がらせする人を無視してください。あなたはとても平和主義者です。あなたのやっていることは素晴らしい。友好的なリマインダー(注意を喚起する人)です。希望を忘れないでください」と書かれていた。

次ページ:ハリソン市長、ハリソン商工会議所が共同声明を発表

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

    SERIES

    • FINDERS×CAMPFIRE
    • FINDERS RADIO|米田智彦がホストを務めるポッドキャスト番組
    • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
    • 幻想と創造の大国、アメリカ
    • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
    • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー