FINDERS

行方不明になった犬が90キロ走りたどり着いたのは、幼い頃に住んでいた家族の家だった
  • GLOBAL
  • 2020.07.29
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

行方不明になった犬が90キロ走りたどり着いたのは、幼い頃に住んでいた家族の家だった

文:伊藤幸子

犬には帰巣本能があることは周知の事実だろう。旅先などで迷子になった犬が何日もかけて家族のいる自宅に戻ってきたという話は時々耳にするかもしれない。

だが今、SNS上で話題を呼んでいる出来事は、それらとは少し異なる。90kmもの距離を走った犬がたどり着いたのは意外なところだった。

保護した犬のマイクロチップ情報に驚愕

米国ミズーリ州ローソンに住むコルトン・マイケルさんは7月20日、妻のブリトニーさんとともに、外出先から車で帰宅したところ、見知らぬ犬がポーチに座っているのを発見した。

『KMBC』 によると、ブリトニーさんは車から降りるなり、その犬に向かい「一体どこからやってきたの?」と語りかけたという。最初、その犬は2人を見ておびえた様子で他人を近くに寄せつけなかったが、心を開いてくれるのを待ち、獣医のところへ連れていった。

すると、マイクロチップに記録されている情報から、その犬がクレオという名前で4歳のラブラドール系ミックス犬だということが分かった。さらに飼い主の名前も判明したのだが、その名前を聞いてコルトンさんは二度驚くことになる。飼い主はドリュー・フィーバックさん。コルトンさんの住んでいる家の、前の持ち主と同じ名前だったのだ。

次ページ:Facebookで連絡を取り、奇跡の再会

1 2 >
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • ブックレビュー
  • 令和時代のオープンイノベーション概論|角勝|株式会社フィラメント代表取締役CEO
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー