FINDERS

FINDERS RADIO 特別編 米・黒人殺害事件の抗議運動が世界各国に伝播。NY在住の日本人と語る(ゲスト:早崎賢治)
  • GLOBAL
  • 2020.06.08
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

FINDERS RADIO 特別編 米・黒人殺害事件の抗議運動が世界各国に伝播。NY在住の日本人と語る(ゲスト:早崎賢治)

Photo by Shutterstock

過去の音声はこちら

Enough is Enough!(もうたくさんだ!)

ウェブメディア「FINDERS(ファインダーズ)」創刊編集長の米田智彦がホストを務めるポッドキャスト番組「FINDERS RADIO」。

今回は6月1日に公開したYouTube動画「なぜ無抵抗の黒人が殺され、デモ・暴動が全米に広がるのか。NY在住の日本人と語る(ゲスト:早崎賢治)」の続編として、引き続きNY・ハーレム在住の映像作家・早崎賢治さんをお迎えし、この問題について語り合います。

【今回の内容】
・先日、Black Lives MatterのNY支部がオーガナイズしているタイムズスクエアのデモに足を運んだ。何ブロックも人が集まっている。教育・啓蒙に近い雰囲気のスピーチが多い

・自分が住んでいるハーレムに歩いて帰ろうとする途中にある、ブライアント・パークでもデモをやっていた。ネットで確認できたものでも数十箇所はあり、小さなコミュニティ単位のものならもっと多いのでは

・このデモの「成果」は何なのか。「構造的な人種差別問題」にようやく注目が集まりつつある

・抗議側も、「無秩序な暴動・略奪」に陥らないように細心の注意を払っているし、現場でそうした動きがあれば止める人も多い。「(早くから問題を知ってもらうために)子どもをデモに連れて行こう」という動きもある

・差別があるということは皆知ってる。こうした事件がある度に皆が怒ってもいる。でもすぐに忘れて日常に戻ってしまい「結局目を背けたままになってしまっていたじゃないか」という反省がある。だから「Enough is Enough!(もうたくさんだ!)」というスローガンもよく見かける

・警察のポリシーも少しずつ変わってきている模様。どれだけ「良い変化」を残していけるか


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

    SERIES

    • テック×カルチャー 異能なる星々|深沢慶太|フリーライター・編集者
    • ハズさない!接待メシ
    • 令和時代のオープンイノベーション概論|角勝|株式会社フィラメント代表取締役CEO
    • 松崎健夫の映画ビジネス考
    • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
    • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director