FINDERS

コロナ禍もお構いなしに深センは成長を続ける!?ポッドキャスト番組「FINDERS RADIO」第2回「中国のITの震源地、深センのコロナ禍の今 ゲスト:荒木大地(Shenzhen Fan運営者)」
  • BUSINESS
  • 2020.05.22
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

コロナ禍もお構いなしに深センは成長を続ける!?ポッドキャスト番組「FINDERS RADIO」第2回「中国のITの震源地、深センのコロナ禍の今 ゲスト:荒木大地(Shenzhen Fan運営者)」

過去の音声はこちら

コロナ禍もお構いなしに深センは成長を続ける!?

FINDERS編集長の米田智彦がホストを務めるポッドキャスト番組「FINDERS RADIO」の第2回を公開しました。

第2回のゲストは日本人のための深セン情報サイト「Shenzhen Fan」を運営する、荒木大地さん。今回のテーマは「中国のITの震源地、深センのコロナ禍の今」です。家事の合間、車の運転中、仕事の気分転換などなどお好きなタイミングでお楽しみください。もしよければYouTubeチャンネル登録もぜひ!!!

【今回の内容】

・深センの新型コロナウイルス感染と対策の経緯
・移民の都市、深センの300万人が春節に労働者が故郷から戻れなくなり、ガラガラになった
・Withコロナの時代に深センはどうなるか?
・製造業には大打撃、ソフトウェアに関してはあまり打撃はなかった
・GDPは深センは香港を抜いていたが…
・深センを中心とした一大経済圏のベイエリア構想はコロナショックを乗り越える?
・オンラインツールを各社が一気に作り、リリースする変わり身の速さ
・“弱肉強食”の深センでも行われている経済対策とは
・巨大インフラの計画。交通の便がさらによくなる
・日本から見た深センは5年前とは大きく違っている


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 温泉会議

SERIES

  • JKA Social Action × FINDERS
  • 高須正和の「テクノロジーから見える社会の変化」|高須正和|Nico-Tech Shenzhen Co-Founder / スイッチサイエンス Global Business Development
  • 「ビジネス」としての地域×アート。BEPPU PROJECT解体新書|山出淳也|NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
  • テレビの窓から
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家