FINDERS

可愛すぎて職務質問。毛むくじゃらの犬が、おもちゃの車に乗っていた心温まる理由とは?
  • GLOBAL
  • 2020.03.12
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

可愛すぎて職務質問。毛むくじゃらの犬が、おもちゃの車に乗っていた心温まる理由とは?

文:岩井聡史

小さい子どもがおもちゃの車に乗って、遊んでいる姿を見たことのある人は多いだろう。

しかし、オーストラリアでは意外な生き物がおもちゃの車に乗っていたとSNS上で話題を集めている。

ベンツに乗った犬を警察官を目撃

先月、地元の警察官がハイデルベル・クウエスト通りを運転していると、おもちゃ用のベンツを目撃した。その車に乗っていたのは、なんと毛むくじゃらの犬。警察官は驚いて、思わず立ち止まった。

犬が乗る車を発見したのは、警察官のリンダ・ギブレットさん。彼女は『Herald Sun』 に「珍しい光景に目を疑いました」と、その時の心境を語った。そして「もちろん、立ち止まって調べなければなりませんでした」と付け加えた。「あまりに可愛すぎたから職務質問してしまいました」とも。

当然のことながら、おもちゃの車とはいえ、犬が自ら運転していたわけではない。この車はラジコン操作することができ、後ろには飼い主が付いていた。しかし、なぜ飼い主は犬をおもちゃの車に乗せていたのだろうか? そこには心温まる理由があった。

目と耳が不自由なペットを想う飼い主

実はこの犬は人間の年齢に換算すると107歳というかなりの老齢だったのだ。もう目も耳も不自由で、散歩もままならない状態だったという。しかし飼い主は、愛すべきペットに、外の新鮮な空気を吸わせてあげたいと考えたのだ。

もちろん、警察官も飼い主と犬を無免許で捕まえることなく、解放した。「私たちをとても楽しませてくれました」とギブレットさん。この奇妙な散歩の裏には、飼い主がペットを思いやる温かい心と粋な計らいがあったのだ。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • 新型コロナウイルス関連|まとめ|COVID-19
  • ブックレビュー
  • 令和時代のオープンイノベーション概論|角勝|株式会社フィラメント代表取締役CEO
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
  • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー