FINDERS

「飼い主が見当たらないのですが」自ら警察署に報告しにきた迷子犬。予想外の訪問者に職員も大歓迎
  • GLOBAL
  • 2020.03.05
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

「飼い主が見当たらないのですが」自ら警察署に報告しにきた迷子犬。予想外の訪問者に職員も大歓迎

文:岩井聡史

子どもなどが親とはぐれて迷子になった時、警察に助けを求めるだろう。

しかし、アメリカでちょっと変わった訪問者が警察署に現れたと、SNS上で話題を集めている。

首輪から外れていたIDタグ

2月11日深夜、米国テキサス州にあるオデッサ警察署に突然、勢いよく駆け込んできたのが一匹の犬。そのままカウンターに前足を乗せ、中を覗き込んだ。この犬が迷子になっていたのは明らかだった。

その日、勤務していたラスティ・マーティン巡査部長が『The Dodo』に語ったところよると、この犬は迷子だったにも関わらず、慌てている様子はなかったとのこと。まるで近所に挨拶に来たかのような気軽さだったという。

オデッサ警察署の職員は、皆喜んでこの犬を建物の中に迎え入れた。「私たちは持っていたテニスボールを投げたりし、この犬を可愛がっていました」とマーティン巡査部長。もちろんマーティン巡査部長を始め職員たちは、この犬の飼い主探しもを忘れることなく進めていた。

しかし、捜索はすぐに暗礁に乗り上げることになった。なぜならこの犬は首輪をつけていたが、IDタグが外れていたのだ。そこで首輪についているマイクロチップを調べようと、警察は地元の動物管理局に依頼した。

迷子の犬は無事に飼い主の元へ

ところが、飼い主が心配していることを察したのか、犬は勢いよく警察署を飛び出していってしまった。

翌日、マーティン巡査部長がこのエピソードを「警察犬の応募者が来ました」とコメントともとにFacebookに投稿した。すると後日、この犬の飼い主から連絡があった。この犬の名前は「チコ」で、無事に飼い主の家に辿り着いたとのこと。

マーティン巡査部長は、「感動しました。何よりチコはこの仕事(警察)に向いているかもしれません」と今回の出来事を振り返った。

迷子になったことを自身で警察に出頭し、その状況を慌てることなく楽しんだチコ。最後は自らの足で家に帰るという、思わず心が温まるドラマチックな出来事だ。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

    SERIES

    • 中川淳一郎の令和ネット漂流記|中川淳一郎|ウェブ編集者、PRプランナー
    • 青木真也の物語の作り方〜ライフ・イズ・コンテンツ|青木真也|総合格闘家
    • ハズさない!接待メシ
    • Road to 2020 スポーツ×テックがもたらす未来|神武直彦|慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授
    • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター
    • JKA Social Action × FINDERS