FINDERS

不当請求やフィッシングなど、危険なSMSやMMSをフィルタリングするアプリ「SMS詐欺ブロッカー」
  • ITEM
  • 2019.04.09
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

不当請求やフィッシングなど、危険なSMSやMMSをフィルタリングするアプリ「SMS詐欺ブロッカー」

文:武者良太

2019年中は無料で使用可能

メールを使うのが億劫だ。タイトルをつけ、挨拶文をいれ、締めの言葉も入力する一連のプロセスがもはや面倒くさい。長文をやりとりする、ファイルを添付するといった時でなければ、他の方法でコミュニケーションをとりたい。

そう考えるユーザーは少なからずいるはず。だからこそTwitterやLINE、Facebookのメッセンジャーなど、ショートメッセージをやりとりするのに向いたサービスが普及した。

また古くから携帯電話を使っているシニア層は、SMS(ショートメッセージサービス)やMMS(マルチメディアメッセージングサービス)を利用していることが多いようだ。使い慣れているということと、それぞれのサービスのアカウントを作らなくてもいい。携帯電話番号があればOKという敷居の低さが人気なのだろう。

だからこそSMSやMMSを使った詐欺メッセージがなくならないのかもしれない。「●●料金が未納です。至急お支払いいただけなければ訴訟します」といった架空請求のような。

Gmailをはじめとした詐欺メールのフィルタリング機能は精度が高まってきたが、SMSやMMSはキャリアのフィルターをすり抜けるメッセージは今なお多い。だからこそ「SMS詐欺ブロッカー」のようなアプリは必要となるのだろう。

アプリをインストールすると、iPhoneに届いたSMS/MMSメッセージを解析。詐欺メッセージと思われるものはフィルタリングをかけて「迷惑メッセージ」タブに収納する。

なお以下の条件を満たすものはフィルタリングされない。

・iPhoneの連絡先に登録されている相手からのメッセージ
・3回以上返信したことのある相手からのメッセージ
・本文にURLが含まれないメッセージ
・本文に電話番号が含まれないメッセージ

2019年中(12月31日まで)は無料で使えるこのアプリ。以後どのような料金体系となるのかは不明だ。同アプリはソフトバンクグループのBBソフトサービスが提供しているもので、同社は「詐欺ウォール」(月額使用料120円・ソフトバンクユーザー向けサービス)のiPhone基本パックでも同機能を利用できる。


SMS詐欺ブロッカー

公式サイト

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

SERIES

  • オランダ発スロージャーナリズム
  • テック×カルチャー 異能なる星々
  • クレイジー裁判傍聴
  • 松崎健夫の映画ビジネス考
  • ブックレビュー
  • Pop’n Soulを探して