FINDERS

Amazon、人工衛星を3000基以上打ち上げ、世界中にインターネットを提供する計画が始動
  • BUSINESS
  • 2019.04.08
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

Amazon、人工衛星を3000基以上打ち上げ、世界中にインターネットを提供する計画が始動

Photo By Shutterstock

文:岩見旦

現在、全世界のインターネットの普及率は56.1%。実に43億5000万人がインターネットを利用している。逆説的には34億人が未だにインターネットを利用できない環境に置かれている。

しかし、もうすぐ世界中の人がインターネットを使えるようになるかもしれない。

地球上の95%が住むエリアを網羅

Amazonは地球の低軌道に3000基以上もの人工衛星を打ち上げ、地球全体にブロードバンドを提供する計画「Project Kuiper(プロジェクト・カイパー)」を明らかにした。この計画を見つけたGeekWireの取材により、Amazonが公式に認めた。

Amazonの子会社である「Kuiper Systems LLC」が、世界の通信衛星運用を監督する国際電気通信連合(ITU)へ大掛かりな人工衛星の打ち上げ計画を申請し、承認された。

この申請書類によると、高度590kmに784基、高度610kmに1296基、高度630kmに1156基の合計3236基の人工衛星を打ち上げる予定。人工衛星は北緯56度から南緯56度までをカバーするように設置され、地球上の95%が住むエリアを網羅するとのこと。

Amazonの広報担当社によると、世界中のインターネット環境がない、十分でない世界中の人たちに低遅延・高速のブロードバンドを提供するという。このプロジェクトは長期的になる予定であり、今後ビジョンを共にするさまざまな企業が参加するとのこと。

また、Amazonは人工衛星を自社で製造するのか、それとも第三者が開発するのかはまだ明らかにしていない。AmazonのCEOジェフ・ベゾス氏の設立した航空宇宙企業「Blue Origin」と打ち上げ契約を締結するかに関しては「あらゆる選択肢を検討している」とAmazon広報担当者。

宇宙ネット回線戦国時代に突入

宇宙ネット回線の取り組みはAmazon以外でも行われており、現在熾烈な競争が繰り広げられている。

イーロン・マスク氏の手がけるSpaceXは、「Starlink」というプロジェクトが進行中。昨年プロトタイプの人工衛星を2つ打ち上げた。最終的には1万2000基の人工衛星を扱う予定だ。

ソフトバンクが最大の出資先であるOneWebでは、今年の2月に6基の人工衛星を打ち上げ、最終的に900基の人工衛星を軌道に乗せる予定。さらに、Facebookも宇宙ネット回線に参戦する予定だ。

宇宙ネット回線戦国時代、果たしてどこが覇権を握るのだろうか。目が離せない。


  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • DSJ
  • 株式会社映像センター

SERIES

  • Pop’n Soulを探して
  • クレイジー裁判傍聴
  • オランダ発スロージャーナリズム
  • ハズさない!接待メシ
  • employer brand research 2019.〜いま最も働きたい企業 2019〜
  • FINDERSビジネス法律相談所