FINDERS

2つのサブスクリプション型サービス登場。ゲームの「AppleArcade」と動画配信サービスの「Apple tv+」。Apple Special Event【後編】
  • ITEM
  • 2019.03.26
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

2つのサブスクリプション型サービス登場。ゲームの「AppleArcade」と動画配信サービスの「Apple tv+」。Apple Special Event【後編】

Image by Apple

前編はこちら

米Appleのウェブサイトでは、「AppleNews+」、「Apple Card」、「AppleArcade」、「Apple tv+」という4つの新サービスが紹介されているが、日本サイトでは「AppleArcade」、「Apple tv+」の2サービスのみ。他の2サービスについては将来的に導入されるかどうかも現時点では不明だ。

続いて、日本への導入が決まっている「AppleArcade」、「Apple tv+」について紹介していこう。

伊藤僑

Free-lance Writer / Editor 

IT、ビジネス、ライフスタイル、ガジェット関連を中心に執筆。現代用語辞典imidasでは2000年版より情報セキュリティを担当する。SE/30からのMacユーザー。著書に「ビジネスマンの今さら聞けないネットセキュリティ〜パソコンで失敗しないための39の鉄則〜」(ダイヤモンド社)などがある。

「AppleArcade」の登場で、ゲームも定額制時代の到来か

Appleが新たに投入する3番目のサービスとして発表されたのは、定額制で楽しめるサブスクリプション型のゲームサービス「AppleArcade」。

「AppleArcade」で提供予定のゲーム
Image by Apple

どんなゲームがメニューに加わるのかと発表を注視していると、どうやらAppleArcadeでプレイできるのは既存のゲームではなく、同サービス専用の限定タイトルとなる模様だ。サービス・ローンチ時には、約100のタイトルが用意されるという。

ゲーム開発パートナーとして公表されたのは、お馴染みのコナミ、セガのほか、Annapurna Interactive、Bossa Studios、Cartoon Network、Finji、Giant Squid、Klei Entertainment、LEGO、MIstwalker Corporation、Snowman、ustwo gamesといった人気ブランドの数々。ステージではソニック・ザ・ヘッジホッグやフロッガーの新作も公表された。

サービスの提供形態としては、専用アプリを用意するのではなく、アプリストア内に追加されるスタイルのようだ。iPhone、iPadに加え、MacやApple TVでもプレイできる。また通信できない場所でも楽しめるように、オフライン利用のためのダウンロード機能も提供される。

AppleArcadeのローンチは今秋に予定されている。気になる月額利用料は発表されていない。

アップデートされた「Apple tv」アプリケーション

「It's show time」と銘打たれた今回のイベント。主役は予想通り、Appleが本格的にエンターテインメント分野に取り組むためにアップデートされた「Apple tv」アプリケーションだった。

5月には、100を超える国と地域でiPhone、iPad、Apple TV向けにローンチされ、秋にはMacでも利用できるようになる予定という。

Image by Apple

同サービスにかけるAppleの意気込みが感じられるのが、Apple製デバイスだけでなく、他社製デバイスにも積極的にサービスを拡大していこうという姿勢だ。まず、今春にSAMSUN製スマートテレビに対応。SONY、VIZIO、LG Electronics、Amazon Fire TV、Rokuへと対応を拡大していく模様だ。

提供が予定されているコンテンツは、映画やテレビ番組、スポーツ、ニュースなど多彩で、Apple TVにすでにある番組やコンテンツに加え、DirecTVやSpectrumなどのサービスとの統合も行われるらしい。また、AmazonプライムビデオやHuluなど150以上のストリーミングサービスとの提携も実現される見込みだ。

機能面では、エディターがキュレーションした番組をお勧めする機能も実現される。子ども用にキッズモードも用意されているようだ。

オリジナルコンテンツも投入される「Apple tv+」、著名人が次々と登壇

今回、新たに発表されたサブスクリプション型動画配信サービス「Apple tv+」では、オリジナルコンテンツも導入する予定という。

Image by Apple

同サービスで予定されているコンテンツの紹介で、最初に登壇したのはスティーブン・スピルバーグ監督。制作されるのは『世にも不思議なアメージング・ストーリー』のリブート作品になる模様だ。

その後も今後製作予定のコンテンツが紹介され、出演予定のテレビ番組、映画で活躍する俳優たちが次々と登壇。イベントで紹介されたコンテンツには「The Morning Show」、「Sea」、「Little America」、「Helpsters(セサミストリート)」、「Little Voice」などがあった。

ジェイソン・モモアとアルフレ・ウッダード
Image by Apple

セサミストリート『Helpsters』からはビッグバードが登場
Image by Apple

米国で絶大な人気を誇るオプラ・ウィンフリー
Image by Apple

会場を埋めた人々の中にも、テレビ、映画関係者が多かったことが印象的だった。

Apple tv+の月額利用料金は、今秋発表予定だとしている。


Apple

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • 映画『人間失格』
  • 株式会社映像センター

SERIES

  • Pop’n Soulを探して
  • クレイジー裁判傍聴
  • オランダ発スロージャーナリズム
  • ハズさない!接待メシ
  • employer brand research 2019.〜いま最も働きたい企業 2019〜
  • FINDERSビジネス法律相談所