FINDERS

Appleの製品ラインナップから消えたはずの「iPad Air」がA12 Bionicを搭載して復活!旧iPad Pro 10.5インチに近い構成ながら低価格を実現
  • ITEM
  • 2019.03.19
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

Appleの製品ラインナップから消えたはずの「iPad Air」がA12 Bionicを搭載して復活!旧iPad Pro 10.5インチに近い構成ながら低価格を実現

Image by Apple

またしても「Air」に驚かされることになった。MacBookに続き、iPadでも消えゆくモデル名と思われていた「Air」の新製品が発表されたのだ。

予想されていた無印iPadの高性能版ではなく、10.5インチのiPad Airが発売されたことで、iPadのラインナップは価格順に、無印iPad(9.7インチ)、iPad mini(7.9インチ)、iPad Air(10.5インチ)、iPad Pro(11インチ)、iPad Pro(12.9インチ)という5モデル構成に整理された。

10月18日に発表・発売された新型iPad Airは、ラインナップのちょうど真ん中に位置していることになる。

伊藤僑

Free-lance Writer / Editor 

IT、ビジネス、ライフスタイル、ガジェット関連を中心に執筆。現代用語辞典imidasでは2000年版より情報セキュリティを担当する。SE/30からのMacユーザー。著書に「ビジネスマンの今さら聞けないネットセキュリティ〜パソコンで失敗しないための39の鉄則〜」(ダイヤモンド社)などがある。

旧iPad Pro 10.5インチと類似点の多い新型iPad Air

新型iPad Airの仕様を見て気がつくのは、旧iPad Pro 10.5インチと類似点の多いことだ。

ボディのサイズは両モデルともに、高さ250.6mm×幅174.1mm×厚さ6.1mm。重量は、旧iPad Proが469g(Wi-Fiモデル)、477g(Wi-Fi+Cellularモデル)で、新iPad Airが、456g(Wi-Fiモデル)、464g(Wi-Fi+Cellularモデル)と、わずかに軽量化が図られている。

ディスプレイは、どちらも10.5インチ(対角)LEDバックライトMulti-TouchのTrue Tone対応Retinaディスプレイを採用し、解像度も2224×1668ピクセル(264ppi)と同じ。

対応するApple Pencilが、2018年型iPad Proに採用されたマグネット充電式ではなく、ライトニング端子で充電する旧タイプであること。充電端子が「USB-C」ではなく「Ligtning」で、3.5mmヘッドフォンジャックやホームボタン(Touch IDセンサー)が残されているところも同一だ。

また、ペアリングも充電も不要で簡単に取り付けられるフルサイズのSmart Keyboardにも対応している。

A10X FusionからNeural Engine搭載のA12 Bionicへ

旧iPad Pro (10.5インチ)と新iPad Airの相違点として一番大きいのは、搭載されているチップがA10X FusionからNeural Engine搭載のA12 Bionicへと変更されていることだろう。

これにより新iPad Airは、iPhoneXS/XRと同等のパワーを獲得。リアルタイムの機械学習を使用することで、写真、ゲーム、拡張現実などにおけるパフォーマンスを、より進化させることに成功している。

Image by Apple

パワフルな処理能力を駆使することで、ビデオの編集や美しいプレゼンテーションの作成、3Dモデルのデザインなどを自在に行える。しかも、それらを複数同時に行うことも可能だという。

Image by Apple

背面カメラの解像度やビデオ撮影機能をダウングレード

チップは大幅な性能向上が図られているものの、低価格化を図るためか、新iPad Airではダウングレードされている機能もある。

仕様を比較すると、一番違いが明確なのはカメラ関連の機能だ。

まず、背面カメラの解像度が旧iPad Pro の12メガピクセル(f/1.8)から、8メガピクセル(f/2.4)へと変更されており、カメラの下部にあったクアッドLED True Toneフラッシュも省略されている。

撮影機能面でも、旧iPad Proでは可能だった4Kビデオ撮影が、1080p HDビデオ撮影へとダウングレードされたことが分かる。

ボディカラーではローズゴールドが消滅

そのほかの相違点としては、旧iPad Pro では64GB、256GB、512GBと3種類あった容量が、64GB、256GBの2種に。スペースグレイ、ローズゴールド、ゴールド、シルバーの4色が用意されていたボディカラーもスペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色に減らされている。

このように新iPad Airでは、旧iPad Proからダウングレードされている機能もいくつかある。しかし、最新のチップであるA12 Bionicを採用しているにもかかわらず、54,800円(税別)〜という低価格化を実現している点はとても魅力的だ。

カラー:シルバー/スペースグレイ/ゴールド。

ストレージ:64GB/256GB

価格(税別):Wi-Fi 64GB 54,800円/Wi-Fi 256GB 71,800円/Wi-Fi+Cellular 64GB 69,800円/Wi-Fi+Cellular 256GB 86,800円。


Apple

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

    SERIES

    • 松崎健夫の映画ビジネス考
    • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー
    • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
    • 当たりすぎるタロット占い|ムンロ王子|パワータロット・カウンセラー
    • 青木真也の物語の作り方〜ライフ・イズ・コンテンツ|青木真也|総合格闘家
    • ハーディソンの「口癖」にしたい英会話|フィー・ハーディソン|ライター、クリエイター