FINDERS

ドイツから新世代の「湯たんぽ」が登場。注ぎ口も広く、カバーなしで火傷しない柔らか素材
  • ITEM
  • 2021.10.03
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!

ドイツから新世代の「湯たんぽ」が登場。注ぎ口も広く、カバーなしで火傷しない柔らか素材

文:FINDERS編集部

ユーザー目線に立った実直なものづくりが好印象

本格的に肌寒い季節がやってきた。就寝時の暖房器具の定番といえば湯たんぽ。暖房のように空気も乾燥しないし、布団の中で冷えやすい指先を温めてくれる。

アルミのボトルにお湯を入れる、非常にシンプルな構造であるがゆえ、変化の少ないアイテムではあるが、少しずつ進化しているようだ。

ドイツ国内の湯たんぽの半分を製造していると言われるfashy社が開発した「スマートボトル」は、新世代の湯たんぽだ。

Bluetoothでスマホと連動して……というような今どきな(そして無駄な)機能は搭載されていないが、ユーザビリティを最大限意識した、丁寧なものづくりの姿勢が伺える。

従来の湯たんぽは、注ぎ口が狭いため、こぼしてしまうこともしばしば。火傷の危険性もあるだろう。スマートボトルは注ぎ口の周りのカバーをめくることで注ぎ口を広くとることができる。

もう1つの特徴は、その柔らかな肌触り。柔らかいPVC樹脂を使用し、さらに表面になめらかな加工を施すことで、カバー無しで使っても火傷せず、心地よい手触り・肌触りを実現した。

スクリューキャップは折りたたみ可能で、お湯を入れた後にキャップをたためば角がない丸いフォルムに。体に優しくフィットしてくれる。

外気に晒した状態で3~4時間、毛布や布団の中で5〜6時間温かさが持続するため、寝る前に布団に入れても朝まで温かさをキープしてくれる。

また、水や氷を入れれば水枕・氷枕としても使用可能。1年を通して使えるのも魅力の1つだ。

派手な機能は無いけれど、「湯たんぽを使う」ということをとても実直に考えた「スマートボトル」は、現在CAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。ライトローズ・スレートブルー・ライトグレーの3色から選ぶことができる。


支援はこちらのページから↓
ドイツ発・新世代の湯たんぽ!癖になる柔らかさ&広い注ぎ口でお湯が入れやすい!

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • はてブ!
  • FINDERS_twitter

SERIES

  • ゲームジャーナル・クロッシング|Jini|ゲームジャーナリスト|ゲーマー日日新聞
  • オランダ発スロージャーナリズム|吉田和充(ヨシダ カズミツ)|ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director
  • あたらしい意識高い系をはじめよう|倉本圭造|経営コンサルタント・経済思想家
  • NFTが起こすデジタルアートの流通革命
  • JKA Social Action × FINDERS
  • 阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴|阿曽山大噴火|芸人/裁判ウォッチャー